ごきげんすいっち

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんすいっち

シンプルライフで見つけた“ごきげん”に生きるためのアイデアや考え方。

【感想】自分ならどうする!?「365日のシンプルライフ」

こんにちは、AKIです。

映画「365日のシンプルライフ」を観て感じたこと、マネしたいことをまとめます

 

365日のシンプルライフ」とは

365日のシンプルライフ(字幕版)

ヘルシンキ在住・26歳のペトリは、彼女にフラれたことをきっかけにある“実験”を決意する。
ルールは4つ。
①自分の持ちモノ全てを倉庫に預ける
②1日に1個だけ倉庫から持って来る
③1年間、続ける
④1年間、何も買わない
1日目は、空っぽの部屋から倉庫まで、全裸で雪のヘルシンキを駆け抜ける。こうして始まった365日の“実験”生活。

映画『365日のシンプルライフ』オフィシャル・サイトより

 

印象に残った、おばあちゃんの言葉。

人生はモノでできてない

主人公ペトリのおばあちゃんの言葉です。人生の幸福度は、決してモノで測ることはできませんよね。続けておばあちゃんはこう言います「特別な何かが必要よ」と。

 

人生に彩りを与えてくれる、私にとっての“特別な何か”…

f:id:akislog:20160629175043j:image

上手く言葉で表現できないけれど、好きな人(夫)にもらったお花を素直に「きれいだな」と思えるとか、丁寧に生けるとか、きっとそういうこと。

 

家庭はモノじゃない

隣の芝は青い…なんて言いますが、つい人のモノが羨ましく思えることはよくあること。「いいな」と思うことは何も悪いことではありませんが、他人と比較して自分(家庭)を卑下することはやめようと思います。ウチはウチ、ヨソはヨソ。

 

モノは小道具よ

ブランド物を身につけているから美しい…とは言えませんよね。ブランド物だろうと、プチプラだろうと、自分に似合うかどうか。自分を引き立ててくれるモノかどうかが肝心。私も「流行りだから」と似合いもしないファッションやメイクを追いかけていた時代もありますが、きちんと自分に似合うもの、心地のいいものをチョイスしていく目を養いたいです。

 

こんな人にオススメ

  • 断捨離がひと段落した人
  • 隣の芝が青い人
  • 周りに合わせることに疲れた人
  • 「シンプルライフ」や「ミニマリスト」に興味はあるけど踏み出せない人

 

見ておしまいの映画ではありません。「自分ならどうする?」と動き出したくなる、そんな映画です。

 

 

 

▶︎Twitterでブログの更新情報や日常をつぶやいています。「#ごきげんすいっち」で、あなたのごきげんを共有してみませんか?

AKI@ごきげんすいっち (@akislog) | Twitter  

 

▶︎管理人AKIの自己紹介はこちらです。ぜひご一読ください。

【自己紹介】ごきげんすいっち管理人のAKIです。 - ごきげんすいっち  

 

▶︎お問合わせ

お問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。(管理人AKI直通です。) 

【考え方】道は全部自分で作らなくてもいい。乗っかれるものには乗っかれ!ごきげん世渡り。

こんにちは、AKIです。

 

「プロポーズ」と聞いて、何を思い浮かべますか?指輪でしょうか、はたまたオシャレなレストランでしょうか。

 

ふと思い立って、夫にプロポーズされた思い出の場所へ出掛けてきました。

 

 

思い出の場所をめぐる。

f:id:akislog:20160627173441j:image

夫にプロポーズされた場所から見える景色。(プロポーズされてからまだ1年と10ヶ月ですが)すでに懐かしいです。

 

f:id:akislog:20160627173723j:image

プロポーズされる直前に寄ったZARA。私が服選びを楽しんでいる最中に、なんと夫はプロポーズしようかどうか悩んでいたそうな。全く気付かず(笑)

 

 

プロポーズは突然に。

買い物にご満悦の私に向かって、夫が突然プロポーズをしてくれました。想定外すぎる場所とタイミングだったので、キョトンとしながらも「お願いします。」と伝えたのを覚えています。プロポーズの言葉は内緒(ウフフ〜)

 

 

運と勢いとタイミング。

夫と出会ってすぐに意気投合・お付き合い。付き合って2ヶ月でプロポーズしてもらって、その半年後にはトントン拍子で両家顔合わせ。お付き合いを始めて丸1年のスピード婚。

 

私たちはスピード婚を狙っていたわけではありません。当時お互いにシングルマザー・シングルファーザーだったので子供のこともあり、かなり慎重でした。

 

慎重な私たちに、互いの子供達や両親たちが追い風を起こしてくれたのです。私たちはその勢いのある風にタイミングよく乗せてもらったにすぎません。

 

 

自分だけじゃ進めないことも沢山ある。

人生の選択はあちこちにあります。結婚だけじゃありません、就職・転職や進学など。小さな選択も含めたら、私たちは常に何かを選択して生きています。「パンにしようかな、ごはんにしようかな?」とかね。

 

「自分が納得するまで見極めたい!」

「他人の意見には振り回されない!」

そう思うのも悪くはありませんが、気づかない間にタイミングを逃しているのかも。

 

ただただ他人に流されるのはいかがなものかと思いますが、ときには「風を読む」「風に乗っかる」のも、面白いかもしれませんよ。

 

ただし、思い描いた結果にならなくても

  • 決して他人転換しないこと。
  • “責任を持って”乗っかること。

 

これがAKI流「ごきげん世渡り」(笑)

 

 

▶︎Twitterでブログの更新情報や日常をつぶやいています。「#ごきげんすいっち」で、あなたのごきげんを共有してみませんか?

AKI@ごきげんすいっち (@akislog) | Twitter  

 

▶︎管理人AKIの自己紹介はこちらです。ぜひご一読ください。

【自己紹介】ごきげんすいっち管理人のAKIです。 - ごきげんすいっち  

 

▶︎お問合わせ

お問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。(管理人AKI直通です。) 

【手放す】「とりあえず菓子パン」をむさぼることをやめる。

こんにちは、パンが大好きなAKIです。

f:id:akislog:20160624174949j:image

※お気に入りのパン屋さんの壁紙がとってもキュート。

 

▼パンが好きすぎて、こんな記事を書きました。美味しい食パン、サンスイートの紹介。

朝は美味しいパンが食べたいのです。 - ごきげんすいっち

 

▼パンの保存についても書きました。(たくさんのブクマありがとうございます!)

パン好きが語る、食パンの長期保存&解凍方法! - ごきげんすいっち

 

 

とりあえず菓子パン。

とにかくパンが好きなので、スーパーやコンビニへ行くと「とりあえず菓子パン」を手に取る癖があります。

 

お昼ごはんは職場近くのスーパーで買うので、菓子パンコーナーへ直行。毎週のように新商品が出てくるので、ワクワクします。

 

朝は食パン、昼は菓子パン…!?

近ごろ妙に疲れやすくなっていたので、原因を探していました。体調が悪いわけでもないし、仕事がそんなにハードなわけでもない。

 

もしかして食事が原因!?

 

いやいや、食事には人一倍気を使っているから夕食は野菜中心の高タンパク低カロリーメニューで自信アリ。

 

いや、待てよ。

 朝食と昼食はどうなってる?

 

〈朝食〉食パンと卵料理

〈昼食〉菓子パン

 

そりゃ疲れやすくもなるよね。

 

朝の食パンはゆずれない!

朝はパン派なので、ここはゆずれない。…と言うことで、昼食の菓子パンをやめることに。

 

菓子パンをやめて、おにぎりやサラダ、野菜たっぷりのトルティーヤなどを食べることにしました。

 

じゃあ、甘くて美味しいパンはいつ食べるの〜!?

冒頭に書いた、お気に入りのパン屋さんで答えがでました。

 

パンは“お気に入りのパン屋さん”に行った時だけ買えばいい!

 

毎朝食べる食パンはスーパーで買いますが、それ以外のパンはパン屋さんで買うルールにしてしまうことに。そうすれば「とりあえず菓子パン」を手にすることは防げますね。

 

パン屋さんのパンは安くても200円で(私にとっては)高いですし、車で行かないといけない距離なので、行けても月1回ほど。

 

好きだからこそ惰性で食べるのはやめたい。

月1回なら、かなり味わって食べるはず。毎日惰性で菓子パンをむさぼるのとは大違い。体にもきっと良い変化があるはず!

 

新たなパンライフ、楽しめそうです。

 

 

▶︎Twitterでブログの更新情報や日常をつぶやいています。「#ごきげんすいっち」で、あなたのごきげんを共有してみませんか?

AKI@ごきげんすいっち (@akislog) | Twitter  

 

▶︎管理人AKIの自己紹介はこちらです。ぜひご一読ください。

【自己紹介】ごきげんすいっち管理人のAKIです。 - ごきげんすいっち  

 

▶︎お問合わせ

お問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。(管理人AKI直通です。) 

【手放す】貧乏だったけど、どうしても買いたかったピアノ。

こんにちは、AKIです。

 電子ピアノを手放しました。

f:id:akislog:20160623165129j:image

 

シングルマザー時代に奮発したピアノ。

昨年の夏に再婚し引っ越すまで、ピアノを習っていました。ピアノを習うと言っても、年収200万も無いシングルマザー時代だったので、お金に余裕があったわけではありません。縁があり、自宅で教室を開いていた先生に格安で教えていただきました。感謝。

 

ピアノを習うにあたって写真のピアノを購入。本物のピアノは置ける環境では無かった(壁の薄いボロアパート)ので、ヘッドホンを付けて練習できるよう選んだのがKORGの電子ピアノでした。

 

ピアノは大好きだけど。

ピアノは大好きです。グランドピアノのあの深い響は、弾いていてたまらなく心地いい。

 

ピアノ教室ではグランドピアノを弾いていました。微妙なタッチの違いを表現できるグランドピアノと電子ピアノは、いくら高性能になったと言えども、やはり比べ物にはなりませんでした。

 

電子ピアノでは表現しきれないと分かっていながらも、無理やり弾こうと変な力がはいるので持病の腱鞘炎がみるみる悪化。

 

私が弾きたいのはグランドピアノ。

弾くごとに悪化していく腱鞘炎の痛みを感じながら、ふと「私が弾きたいのは電子ピアノじゃない」と気づいたのです。

 

近くにグランドピアノの置いてあるレンタルルームがあります。料金もリーズナブル。

 

どうせ腱鞘炎で頻繁に弾くことが出来ないのなら、弾きたい時にグランドピアノを借りれば良いんだ!!…と。

 

思い立ったが吉日。

その場で幼い娘さんのいる知人に連絡。

すると「ちょうどピアノを習いたいって言ってて困ってたところなの!」と即返信がきたではありませんか。

 

スーパーグッドタイミング。

 

一週間後に私のピアノは嫁いでいきました。「あの時、生活苦しかったけど奮発して買ったんだよなぁ〜」とちょっぴり感傷的になりつつも、嬉しそうな娘さんのお顔を見たらピアノも喜んでいる気がしました。

 

私のところにいたら、きっと死蔵される運命だった電子ピアノ。持ち主が変わって、息を吹き返してくれることを願います。

 

 


▶︎Twitterでブログの更新情報や日常をつぶやいています。「#ごきげんすいっち」で、あなたのごきげんを共有してみませんか? AKI@ごきげんすいっち (@akislog) | Twitter  

 

 

▶︎管理人AKIの自己紹介はこちらです。ぜひご一読ください。

【自己紹介】ごきげんすいっち管理人のAKIです。 - ごきげんすいっち  

 

 

▶︎お問合わせ

お問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。(管理人AKI直通です。) 

 

【公開】私と10年、一緒に生きてきたモノ。モノ選びの基準は「長く使えるかどうか」ではない。

こんにちは、タリーズデビューが大失敗に終わったAKIです。

 

 

変化の多い10年だったけど…

▼10年先のことなんて分からないよね〜という記事を書きました。

【考え方】変化の多い世の中を、もっとごきげんに駆け抜けるモノとの付き合い方。 - ごきげんすいっち

※私のここ10年、波乱万丈な年表をご覧いただけます(笑)

 

今、自分が置かれている環境、家族、仕事etc…これが変わらない保証なんてどこにもありません。

 

「10年前に今の暮らしが想像できた」って人はいますか?少なくとも私は全く想像ができませんでした。

 

 

それでも一緒に生きてきたモノ。

離婚経験やミニマリズムとの出会いで、ここ5年は特にグッとモノが減りました。変化の多い10年の中で、一緒に生きてきたモノってあるのかな?と探してみることに。

 

 

私の10年選手。

f:id:akislog:20160622155422j:image

 

マグカップ

私が小学生の頃から使っています。何度引っ越しても一緒に連れていきました。10年どころか20年選手!大きめのサイズと厚みがお気に入り。イラストの女性よく似ていると母に言われます(笑)

 

ターコイズブルーのロングカーデ

ちょうど10年前に名古屋駅で購入。プチプラでしたが、毛玉もなく未だに愛用しています。「私よりこのカーデが似合う人はいない」と言えるくらい、よく似合っていると思います。

 

マキシ丈スカート

個性的な柄のスカート。これも10年前に購入しました。よく「似合うね」と言われる夏の褒められ服です。

 

デニムスカート

短すぎず長すぎず。しかもストレッチデニムなので、脚さばきもラクラクです。これは高校生の時に購入したもの。

 

白シャツ

2枚ある白シャツのうちの1つ。デニムスカートと同じく、高校生の時に購入。パリッとしすぎない柔らかな素材で、キチンとにもカジュアルにも使えた万能シャツ。(黄ばんできたので、買替え要検討)

 

裁縫セット

これは10歳の時に買ってもらった裁縫セット。未だにバリバリ活躍しています。

 

風呂敷2枚

小学生の頃、母にもらった風呂敷。旅行など着替えを持ち歩く時は風呂敷に包んでいます。風呂敷はかさばらないですし、大きなモノも小さなモノも包めるのでオススメです。

 

 

10年選手と対話してみて気づいたこと。

断捨離や引っ越しもくぐり抜けてきた10年選手たちですが、「10年後も使えるように、よーくよく考えて購入したのか?」と聞かれると、それは違うんですよね。

 

マグカップと風呂敷は母からもらったモノ。裁縫セットは学校で必要だから買ってもらったモノ。ここに挙げた服は全て、たまたま寄ったお店でパッと買ったモノ。

 

…全く熟考していません(笑)

それでも10年以上、一緒に生きてきたのです。もしかすると「これは長く使えそうかな?」なんて、モノ選びで考える必要はないのかも。

 

そりゃ、お気に入りのモノが長く愛用できたら、それはとても幸せなことだと思う。ただ、「今お気に入り」のモノが「10年後もお気に入り」とは限らないということ。

 

だとしたら、モノ選びの基準って「長く使えるか」よりも「今の自分にフィットするか」。きっと、今の積み重ねが今日を、今日の積み重ねが明日を…そして1年を作っていくものだから。

 

 

 

▶︎Twitterでブログの更新情報や日常をつぶやいています。「#ごきげんすいっち」で、あなたのごきげんを共有してみませんか?

AKI@ごきげんすいっち (@akislog) | Twitter  

 

▶︎管理人AKIの自己紹介はこちらです。ぜひご一読ください。

【自己紹介】ごきげんすいっち管理人のAKIです。 - ごきげんすいっち  

 

▶︎お問合わせ

お問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。(管理人AKI直通です。) 

【おすすめ】使い込むほどに馴染み相棒になる、無印良品のシンプルなふきん。

こんにちは、AKIです。

今回は、愛用している「ふきん」の紹介。

 

半年に1度、買い替えます。

f:id:akislog:20160621075142j:image

無印良品のふきん(12枚組)を愛用しています。だいたい半年に1度、無印良品週間の時に買い換えています。

 

毎日きちんと洗っても、黄ばみや汚れが目立ってくるもの。食卓や台所で使うものなので、衛生面も考えると「まだ使えるから」ではなく、定期的に新品と入れ替えます。

 

 

真っ白なふきんが欲しい。

「真っ白なふきん」って意外と見つからないんですよね。百円ショップやホームセンターへ行くと、ふきんの縁に色が付いたものや、チェック柄など…真っ白じゃないものばかり。(私の周りだけでしょうか?)

 

わが家のキッチンは、ビビットなオレンジ色。小物はシンプルにしたいなぁ〜と思っていたところ、出会ったのが無印良品のふきん。

 

 

無印良品のふきん」いいところ。

  • お手頃価格
  • たっぷり12枚
  • 乾きが早い
  • 真っ白
  • とにかく丈夫
◯お手頃価格

12枚で500円なので、気兼ねなく買い換えることができます。無印良品週間中なら10%引きの450円!

 

◯たっぷり12枚

12枚あるので、1日たっぷり使っても平気!子供が飲み物をこぼしても、台所が派手に汚れても、どんどん拭けます。

 

◯乾きが早い

どんどん使ったら洗うのですが、乾きが早いので助かっています。

 

◯真っ白

このシンプルさが無印良品のいいところですね。ごちゃつきがちな台所もスッキリです。

 

◯とにかく丈夫

「ふきんはガシガシ使いたい!」と私は思っています。サーッとテーブルを撫でるような使い方ではなく、ゴシゴシ汚れを拭きたいタイプ。私の荒い使い方にもへこたれることなく、活躍してくれています。

 

 

結論、オススメです。

使い古しのふきんは、丈夫な生地を活かして掃除に利用します。床の拭き掃除や、窓のレール拭きなど、存分に活躍してもらったらそのまま処分します。

 

▼今回ご紹介した愛用ふきんはこちら

落ちワタふきん12枚組 約40×40cm | 無印良品ネットストア

 

何か特別な機能があるわけではありません。ただのシンプルなふきんですが、使うほどに馴染み相棒になれる、そんな気がします。

 

 

 

▶︎Twitterでブログの更新情報や日常をつぶやいています。「#ごきげんすいっち」で、あなたのごきげんを共有してみませんか? AKI@ごきげんすいっち (@akislog) | Twitter  

 

▶︎管理人AKIの自己紹介はこちらです。ぜひご一読ください。 【自己紹介】ごきげんすいっち管理人のAKIです。 - ごきげんすいっち

 

▶︎お問合わせ

お問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。(管理人AKI直通です。) 

【公開】全て見せます、5人暮らしの食器棚。本当に好きなものを残してパワースポット化!

こんにちは、AKIです。

 

▼以前、食器棚を公開しました。

5人暮らしの食器棚を公開します - ごきげんすいっち

 

あれから食器の厳選・買い替えを繰り返し、やっと落ち着いてきたので再公開します。

 

 

5人暮らし、これで十分。

〜After〜

f:id:akislog:20160617233856j:image

わが家には、いわゆる食器棚はありません。その代わり、キッチンにある備え付けの棚を3段利用して食器棚代わりにしています。

 

テレビやエアコンのリモコン類と、犬の餌皿も一緒に収納しています。(写真右下)

 

 

〜Before〜

f:id:akislog:20160617234406j:image

 以前、公開した時の写真です。

どうしても棚が足りず、一番下につっぱり棒を使って、無理やり棚を増やしていました(苦笑)

 

〈Beforeにあって、Afterにないもの〉

  • 急須・徳利→場所変更
  • 茶道具→場所変更
  • 生け花用の空き瓶→場所変更
  • ドッグフード→手作り食に切り替えたため、必要なし。

 

 

お皿の断捨離でこだわったこと。

私のモノ選びの基準はこれ。

無くても困らないけど、ごきげんになれるもの

▶︎食器の断捨離で気付いた、私の大切にしたいこと。 - ごきげんすいっち

 

食器って、割れない限り使えます。だからこそ「まだ使えるから」と、手放しにくい。

 

そこで、「使うとごきげんになれる?」「あるだけでごきげんになれる?」と自問自答を繰り返しながら厳選していきました。

 

▼手放した記事はこちら。

【手放す】罪悪感を感じる、いただきもののお皿。 - ごきげんすいっち

 

 

よそはよそ、うちはうち。

ミニマリスト」や「シンプルライフ」で検索をすると、とても皿数の少ない人や、こだわりの食器ブランドで揃えている人を見かけます。

 

その方たちに対して憧れることはあっても、「あぁ、私はまだまだ数が多いからダメだなぁ…」「私はそんな高い食器は買えないなぁ…」と劣等感を感じる必要は全く無いと思うんです。

 

食器って、子供達の成長や生活の変化に応じて変化していくもの。よそはよそ、うちはうち…家庭の数だけ、適量があるんですよね。

 

 

まとめ

  • 数を減らしたら、メンテナンスが楽になった。
  • 本当に好きなものを残したら、そこが私のパワースポットになった。

これって、食器に限らず言えること。

ごきげんになれるパワースポット、お家に何箇所できるかな。

 

 

▶︎Twitterでブログの更新情報や日常をつぶやいています。「#ごきげんすいっち」で、あなたのごきげんを共有してみませんか? AKI@ごきげんすいっち (@akislog) | Twitter  

 

 

▶︎管理人AKIの自己紹介はこちらです。ぜひご一読ください。 【自己紹介】ごきげんすいっち管理人のAKIです。 - ごきげんすいっち

 

 

▶︎お問合わせ

お問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。(管理人AKI直通です。) 

 

【考え方】変化の多い世の中を、もっとごきげんに駆け抜けるモノとの付き合い方。

こんにちは、AKIです。

 

▼以前、モノ選びについて書きました。

その家電、いつ買いましたか?〜今の暮らしにフィットしたモノ選び〜 - ごきげんすいっち

 

忘れてはいけないのがこの2点。

  • 人が「使う側」
  • モノが「使われる側」

 

例えば「これ高かったから…」という理由で似合っていない洋服を着ること。これはまさしく、モノに使われている状態ですね。

 

 

今の暮らしにフィットしたモノ選び

魔法使いのシンプルライフでおなじみのエリサさんがこんなツイートを。ふと「10年前に今の暮らしが想像できたのか?」と考えてみました。

 

 

10年前の私のは大学生だった。

 

ざっと、この10年をまとめてみました。並べてみると盛りだくさんですね!!今となっては全て消化済みで、ネタとして語れるまでになりました。何でも勉強、必然だったこと。

 

さて、これを当時大学生だった私は想像できたでしょうか。

 

答えはNO。

大学卒業して、就職して、しばらく独身貴族を謳歌する予定でした。30まで結婚しない!と言い張っていたくらい。先のことは分からないものですね。今年30歳になりますが、すでに結婚は2回目ですし(笑)

 

f:id:akislog:20160610162327j:image

※10年前の成人式に着た振袖。

 

 

基準は「今」

私のモノ選びの基準は「今」。

先のことは予想できないと、身をもって体験してきました。今、自分が置かれている環境、家族、仕事etc…これが変わらない保証なんてどこにもありません。

 

また、外からの力によって変化することも多い人生ですが、自分次第でどうにでも変えられるのも事実。

 

その時、モノが足かせになるなんてナンセンス。

 

もっと柔軟に

もっと軽やかに

もっと素直に

モノと「ごきげん」な付き合いをしても良いんじゃないかな。

 

 

 

 

▶︎Twitterでブログの更新情報や日常をつぶやいています。「#ごきげんすいっち」で、あなたのごきげんを共有してみませんか?
AKI@ごきげんすいっち (@akislog) | Twitter


▶︎管理人AKIの自己紹介はこちらです。ぜひご一読ください。
【自己紹介】ごきげんすいっち管理人のAKIです。 - ごきげんすいっち


▶︎お問合わせ
お問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。(管理人AKI直通です。)

【手放す】罪悪感を感じる、いただきもののお皿。

こんにちは、AKIです。

f:id:akislog:20160606200642j:image
今日は使っていない大皿2枚を手放すことにしました。
 
 

理由「使うことを躊躇してしまうから」

いずれのお皿もいただきもの。とっても素敵なお皿なのですが、それゆえに使うことを躊躇してしまいます。
 
「来客時に」と思っていましたが、結局出番はなく…。近ごろは「いただいたのに使えていない罪悪感」を感じていました。
 
 

基準はあくまでも「ごきげん」かどうか。

私がものを選ぶ基準はこれ。

“無くても困らないけど、ごきげんになれるもの”を私は大切にしたい

▶︎食器の断捨離で気付いた、私の大切にしたいこと。 - ごきげんすいっち

 

使うか使わないか…と言うより、「それがあると、ごきげんなのかどうか?」を基準にしています。

 

確かにこのお皿の出番はありませんでしたが、眺めてウキウキするお皿なら残すかもしれません。ただ、見るたびに罪悪感を感じるくらいなら手放そうかな…と。

 

 

わが家の食器棚は進化しています。

▼以前、食器棚を公開しました。

5人暮らしの食器棚を公開します - ごきげんすいっち

 

現在はもっと身軽な食器棚に進化しています。本当に気に入ったものを残し、必要ならば買い足し、心が騒つくものを手放してきた結果、台所のちょっとした癒しスポットになっています(笑)

 

また公開しますね、お楽しみに。

 

 

 

▶︎Twitterでブログの更新情報や日常をつぶやいています。「#ごきげんすいっち」で、あなたのごきげんを共有してみませんか?
AKI@ごきげんすいっち (@akislog) | Twitter


▶︎管理人AKIの自己紹介はこちらです。ぜひご一読ください。
【自己紹介】ごきげんすいっち管理人のAKIです。 - ごきげんすいっち


▶︎お問合わせ
お問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。(管理人AKI直通です。)

くたびれた靴では女があがらない。少数精鋭こそ、こまめな点検を。


こんにちは、AKIです。
夏のサンダルを取り出すついでに、下駄箱の点検を行いました。(シーズンオフの靴は箱に入れて保管しているため)


遠くからでは気付かない劣化。

靴を履いている時、靴の上側はよく見えますよね。私の場合、仕事で履くパンプス以外は靴磨きを行わないので、横や後ろから靴を見る機会がなかなかありません。

1足1足メンテナンスを兼ねて点検してみると、上からでは見えないところが劣化していることに気づきました。

  • サイドの擦り傷
  • カカトの減り
  • 生地の傷み

一番驚いたのが「生地の傷み」。靴に顔を寄せて見ることが無いので、全く気付いていませんでした。


くたびれた靴では女があがらない。

f:id:akislog:20160604204440j:image
お気に入りで、ヘビロテしていた靴でしたがサヨナラすることにしました。いずれも劣化のためです。

特に右の靴は「これが私の靴」と思えるほど、お気に入りでしたし「似合う靴」でもありました…が、擦り切れた靴では女があがりませんね。今までありがとう。


可愛くても 使わなければ 死蔵品。

f:id:akislog:20160604205114j:image
これは靴に付け替えて楽しむ付属品です。とーっても可愛いのですが、付属品なしで履くことが多いために出番はナシ。「使うかも」と保管していましたが、それこそまさに死蔵品。手放すことにしました。


こまめにしよう、靴の点検。

今回、久しぶりに行った下駄箱の点検。たびたび行われてきた断捨離祭をくぐり抜けた、お気に入りの靴ばかりの下駄箱なので、近ごろは点検をすることがありませんでした。

しかし、少数精鋭のお気に入りだからこそ履く頻度が多く劣化の進みが早いのも事実。

いくら素敵な服を着ても、くたびれた靴ではごきげんな装いとは言えません。もっとこまめな点検で、お気に入りの靴を労ってあげたいです。




▶︎Twitterでブログの更新情報や日常をつぶやいています。「#ごきげんすいっち」で、あなたのごきげんを共有してみませんか?


▶︎管理人AKIの自己紹介はこちらです。ぜひご一読ください。


▶︎お問合わせ
お問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。(管理人AKI直通です。)