ごきげんすいっち

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

【ごぎげん家事】曜日ごとにテーマを設ける

シングルマザーとしてフルタイムで働いていた頃は、もっぱら夜家事派でした。子供を迎えにいって帰宅してからの2〜3時間ほどで、食事・掃除・洗濯・風呂・子供の勉強チェックと寝かしつけまでを行っていました。


朝からバタバタしたくなかったのと、昼間は仕事だったので、夜しかも短時間でせざるを得ない状況だったのが功を奏して、家事スピードを上げることができました。


時間制限のない専業主婦

再婚をして専業主婦になってから「今しか家事ができない!」という、切羽詰まった状況ではなくなったので、気付いたら「あれっ!もうこんな時間!?」となってしまうことが多くなりました。


家事時間に制限がないことと、一度何かを始めると「あれもやろう」「これもやろう」とあちこちに目が向いてしまうことが原因となって、エンドレスに家事を行っていました。


時間割を作ったけど…

専業主婦になって1ヶ月たった頃。 エンドレスに続く家事と「結局、今日は何をやってたんだろう?」とイマイチ達成感のない日々にウンザリしていたので、時間割を作ることを思い立ちました。


……っが!


子供が3人と夫、さらにワンコも一緒暮らしていると、途中で中断させられたり、突然予定が狂ったりして、自分の決めた時間割通りにはどうしても進められません。家族以外にも、突然の来客や子供のお友達が遊びに来たりで、自分以外の人間に振り回されるのが「主婦」という職業なのだと理解しました。


また、自分の決めた時間割通りに進められないことで自己嫌悪になってしまうのも嫌だったので、早々に時間割は諦めました。


曜日ごとにテーマを設ける

そこで次に思い付いたのが、ざっくりと曜日ごとにテーマを設けることでした。


【土日】家事頑張りません
土日は家族との時間や、夫との時間を大切にしたいので、マジメに家事をやらないことを家族に宣言しました。(夫がシングルファーザーだったこともあり、家事能力が高いので、土日は夫と食事の支度や片付け、洗濯を行います。)

f:id:akislog:20151005112059j:image
ちなみに昨日は夫とスイーツデートしました。


【月】掃除の日
土日は家事を頑張らないと宣言したので、多少の汚れやホコリは目をつむっています。私以外の家族が、決して綺麗好きでは無いおかげなのですが(笑)さすがに2日も放置していると、私自身が我慢ならないので、月曜は掃除を気の済むまで行うことにしています。普段なかなか手の届かない場所も月曜に行います。


【火】買い物の日
週に一度、火曜日にまとめて買い物をします。すぐ近くにスーパーや薬局があるので、つい毎日通っては、ついでに不要なものまで購入してしまうので、週に一度と決めています。買い物のついでに、銀行や役所など、家族に頼まれた用事も済ませます。


【水】雑務の日
火曜は外でこなす雑務(買い物など)でしたが、水曜は家の中で雑務をこなす日にしています。ズボンの穴あきやボタン付けなどの裁縫、子供達の自主学習の丸つけ、家計簿、書類整理、家族のスケジュール管理などなど。


【木】自分のための日
読書に没頭したり、気になっていたお店に行ってみたり、自分のために時間を使う日にしています。私にとっては休日のようなものです。


【金】チェックの日
今週やり残したことはないかチェックをします。どうしても今週中に済まさなければならないことは、この日に片付けます。それと同時に、来週行わなければならないことや、土日に夫に頼まなければならないことをリストアップして備えます。土日に家事を頑張らないための準備日でもあります。



よかったこと

  1. テーマを設けることで、やるべきことの終わりが見える。
  2. よって達成感がある。
  3. 家族が合わせてくれる(こともある)。


例えば、私が火曜日にしか買い物にいかないことを理解してもらっているので「どうしても明日〇〇がいる!」と、突然お願いされることがなくなりました。これによって、作業を中断させられることもありませんし、慌てて着替えて買い物に行くこともなくなりました。


主婦の仕事は家族マネジメントだと思いますが、常に家族に合わせ、振り回される必要はありません。「私は今日〇〇します!」逆に「〇〇しません!」と宣言することで、自分のペースを保つことができるし、むやみに自己嫌悪に陥ることも防げます。


小さな達成感を積み重ねが、モチベーションを上げてくれます。ごぎげん家事、はじめませんか♪♪♪