ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

家計管理はアナログ派

こんにちは、AKIです。
みなさん家計管理はデジタル派ですか?アナログ派ですか?どちらも上手に利用している方もいるかもしれませんね。


私自身、たくさんの家計管理アプリの登場にともない、色々と試してみましたが、家族構成や生活環境に応じてカスタムのしやすいアナログ家計簿に戻ってきました。


家計簿って必要?

私のものは家計簿と言えるような立派なものではありませんが、節約目的と言うより、日々どのくらいの出費があるか把握することは、家計管理においてとても大切なことだと思います。


むやみやたらと1円単位でケチケチ節約するよりは、全体のお金の流れを把握したうえで、作戦を練るのが効率的です。


わが家の家計簿

f:id:akislog:20151020123848j:image
家計簿専用の冊子は利用しておらず、B6のノートを利用しています。1ヶ月分は見開き1ページです。


1:収入
収入は先取貯蓄を引いたものを、収入とします。「最後に残った額を貯金しよう」では、絶対に貯金に回せません。※当社比


2:口座引落(予定)
お金は勝手に無くなりません。当たり前ですが、使ったぶんだけ無くなります(笑)「あれっ!?残高これだけ?」と神隠しにならない為にも、どれだけの金額が引き落とされる予定なのか把握します。


3:現金支払(予定)
町内会費、子供の習い事など、すでに現金支出の予定が決まっているものもリストアップします。当日になって現金がなくてバタバタしないように、用途別に分けておきます。


4:生活費(予算)
ちょこちょこ現金をおろすのは止めて、1ヶ月分の予算を決めて、さらに一週間ごとに袋分けをしています。口座から現金をおろすのは、特別な出費が発生する以外は毎月1回のみです。手元にある金額だけでやりくりします。当たり前のようで、これがなかなか難しいんですよね。


5:実際にかかった生活費
左半分が予算ならば、右半分は実際にかかった生活費を記入します。ノート右半分をさらに縦に5分割して、一週間単位で集計します。


食費、日用品、雑費など、細かい種類分けはしません。書く内容は3つだけ。
  1. 日付
  2. 購入店舗名
  3. 購入金額
たったこれだけなら、数秒で書けます。④で袋分けした一週間分の生活費でまかなえていればOK!というザックリしたものです。購入店舗を記入する理由は、コンビニでのチョコチョコ買い防止のために始めましたが、大型店舗で食品も日用品もまとめて買う際に、1枚のレシート内をあとで種類分けする手間が解消されるメリットがありました。


集計は予算を訂正

月末に集計を行います。集計と言っても簡単なもので、グラフを作ったり、凝ったことはしません。


最初に左ページで予算立てした金額の隣に、赤ペンで実際の出費を記入するだけです。予算金額は消さずに、あえて残しておきます。(残すのがポイント)


  • 予算より黒字か赤字か?
  • そうなった原因は?
  • 次月の課題は?


これだけ分かれば、家計簿として十分かなと。美しい円グラフを作ることが目的ではありませんし、支出を絞めるところと、緩めるところのメリハリを発見できるところが、家計簿の良さだと思います。


家計簿公開します!

来月からですが(笑)
公開することで、家計管理のモチベーションが上がると信じて、公開できる範囲で公開していきたいと思っています。


夫のお給料日が毎月20日なので、わが家は毎月20日始まりの次月19日締めです。来月末に堂々と公開できるように、やりくり頑張るぞっ、オーッ!!



◯自己紹介はこちら→はじめまして - ごきげんすいっち