ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

家族がいつもの暮らしを運ぶには。

こんにちは、AKIです。

 
 
f:id:akislog:20151105153728j:image
ご近所さんが、シフォンケーキを焼いてくださいました。シフォンケーキって、ひっくり返して冷ますんですね…衝撃の光景でした(笑)
 
 

日帰り手術をしました。

実は本日、日帰り手術をしました。自宅に戻り、横になりながら記事を書いています。命に関わるようなことではなく、1日休養したら明日から通常通り活動できる程度なので大丈夫ですよ。
 
 

主婦=司令塔

主人は「主婦は司令塔」と例えます。主婦一人が家事全般を行わなくても、快適に暮らしが運べるよう、司令塔として家族を上手に使って欲しいということです。
 
 
そのためには、私の司令で家族が動けなければなりません。例えば「洗濯して欲しい」と頼んでも「洗剤どこ?」では話になりません。

 

 

 

 情報共有の大切さ

現在は専業主婦なので、基本的には全ての家事をこなしますが、今日のように日帰り手術で家を空けたり、病気で寝込んでしまった時に、司令を出せば家族がササッと動ける仕組みづくりは必要です。
 
 
【情報共有すると良いこと】
  1. 物の収納場所
  2. 家電の使い方
  3. 食事について
 
 
①物の収納場所
これは絶対に家族みんなで共有することをオススメします。…と言うのも、突然のひどい頭痛で動けなくなった時に、「クスリ」の一言で子供達が頭痛薬とお水を持ってきてくれたことがありました。心の底から「収納場所の共有をして良かった」と思ったできごとです。病気でなくても、不在時に「あれどこ?」「これどこ?」といちいち外出先に連絡が来てはたまりませんよね。
※子供でも収納場所を把握できる方法については、また後日記事にします。
 
 
②家電の使い方
炊飯器、電子レンジ、洗濯機の使い方が分かれば、主婦が不在でも何とかなると思います。意外と電子レンジの使い方が分かっていないことが多く、子供がアルミホイルに包んだおにぎりをそのまま電子レンジで温めようとした際は、急いで止めました(笑)電子レンジに入れてもいい食器といけない食器の情報共有も必要ですね。
 
 
③食事について
不在の時、寝込んでいる時の食事をどうするのか決めておくと良いですね。あらかじめ予定が決まっていれば、先に作り置きをすることができますが、突然体調を崩した時や緊急で外出しなければならない時など、大人が不在の場合の対処法が必要です。わが家は幸い近くにお弁当屋さんがあるので、「ご飯が作れない時は一人500円でお弁当屋さん」と決めています。長男にお金を持たせて買いにいかせます。普段から買い物の練習をさせておくと良いですね。
 
 
また、主人が在宅の場合は食事を主人に全てまかせます。買って済ませるのか、作るのかも任せます。台所を主婦の聖地にしないで、休日はご主人にも台所に立ってもらうと、安心して任せられますよ。(主人の作るチャーハンが好きなので、よくリクエストします。)
※つい色々と口出ししたくなりますが、そこはグッとこらえてヨイショするのがポイントです(笑)
 
 

そして今回…

本日の夫のスケジュールは以下の通り。
 
  1. 子供達を登校させる
  2. 私を病院へ送る
  3. 術後私を連れて帰る
  4. 洗濯をする
  5. 昼食をつくる
  6. ついでに夕食をつくる
  7. 台所を片付ける
 
術後すぐにはいつも通り動けない私に配慮して、これだけこなしてから、仕事へ行きました。とんだスーパーマンです。
 
 
夫がこれだけこなす間に、一度も「あれどこ?」と尋ねられることもありませんでしたし、私はずっと横になっているだけで一切口出しをする必要もありませんでした。普段からの情報共有がとても活用されたのだと思っています。
 
 
自分になにかあった時、困るのは家族です。家族も自分も困ることなく、いつも通りの暮らしが運べるように、情報共有の備えしてみませんか?
 
 
◯Twitterはこちら→http://twitter.com/akislodg
 
◯自己紹介はこちら→はじめまして - ごきげんすいっち