ごきげんすいっち

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

オシャレ撮りの魔法、教えます♡

こんにちは、AKIです。


近ごろ、写真を褒めていただく機会が多いので浮かれています(笑)さらに、人気ブロガーのエリサさんより「オシャレ撮りの魔法使い」と命名していただき、さらに浮かれております。


▽証拠ツイート


▽エリサさんのブログ


ただの素人です。

まずはじめに、私は写真のプロではありません。写真の勉強もしたことがありません。デジカメも所有していません。


ブログやTwitterに掲載している画像は、全て私のiPhone5Sで撮影したものです。加工もすべて同じiPhoneで行い、パソコンを開いて加工することもありません。


ホントのホントにiPhoneのみ。


さあ、魔法をかけてみよう。

ちょっとしたコツ(魔法)で、写真をオシャレにすることができます。例を出して紹介していきます。


何度もくどいようですが、写真の勉強をしたことがないので、知識のある方が読んでも全く面白くないと思います(笑)以下、私のようなド素人さん向けの記事です。


大定番!料理を美味しく撮る魔法。

f:id:akislog:20151112155238j:image
目指すはこの写真です。


▽使ったもの
f:id:akislog:20151112155652j:image
  • 家にあった冷凍パスタ 180円
  • 白いお皿


▽ダメな例
f:id:akislog:20151112155807j:image
美味しくなさそうですね。
いかにも安っぽいですね。

【上の写真のNGポイント】
  • 逆光で暗い→マズそう
  • 皿手前がテカりすぎ
  • 料理より皿が目立つ

【下の写真のNGポイント】
  • 平面的すぎる→安っぽい
  • 遠くてよく見えない
  • 料理より皿が目立つ

【料理を美味しく撮る魔法】
  1. 奥行き(立体感をだす)
  2. 逆光NG
  3. 全体を撮ろうとしない

この3つを守れば、美味しそうに撮れます。奥行き(立体感)をだすことで、やすっぽく見えません。たった180円の冷凍パスタですが、それ以上に見えますよね。そして逆光はダメです、暗いと美味しくなさそうですものね。そして、一番やってしまうのが“全体を撮ろうとしてしまう”ことです。お皿はあくまでも背景なので、全体をカメラにおさめなくても良いんですよ。美味しそうだな〜見て欲しいな〜って部分が撮れればOK。


花を美しく撮る魔法

このブログによく出てくる花の写真ですが、フリー素材ではなく自宅の花を撮っているだけです。


▽真正面から撮った場合
f:id:akislog:20151112161634j:image
  • 背景がゴチャゴチャ
  • 生活感が出ている
  • 花より葉が目立つ

▽真上から撮るだけで変わる!
f:id:akislog:20151112161819j:image
場所は移動せずに同じ花を真上から撮っただけで、こんなにも表情が変わります。きちんと花の美しさが際立ちましたね。


今回は真上から撮影しましたが、お花によって美しく見える角度が違うので、上から下から横からと様々な角度で撮って見て下さい。例として、過去に撮影した2種を紹介します。


▽寝かせて花束を撮る
f:id:akislog:20151112163003j:image
ドーンと花が手前にくることで豪華さが出ますね。花は立てて撮らなくても良いんですよ。


▽あえて余白を残して撮る
f:id:akislog:20151112163030j:image
これ、実は庭で切ってそのままです。花屋さんの花ではありません。凛とした美しさを際立たせたかったので、左に余白を作りました。


▽加工に使用しているアプリ
画像加工に使用しているアプリはこれ1つです。明るさ調整、フィルター加工、文字入れなど、全てこれでOKです。慣れるまでは研究が必要ですが、フィルターの種類が豊富なのでオススメです。もちろん無料!!


光と影を味方にする魔法

何度も言いますが、基本的に素人が逆光で撮影をして上手く撮れることはありません。きちんとメインにしたい部分に光をもってきて、撮影するのが簡単です。


…っが!


ひとあじ違うオシャレ撮りがしたいんだけど!


という方もいらっしゃると思いまして、最後に一つ紹介します。


▽普通のグラス
f:id:akislog:20151112164022j:image
バカラでもなんでもありません(笑)わが家にある、普通のグラスです。さあ、これをオシャレ撮りしてみましょう!!


▽光と影を味方にすると…
f:id:akislog:20151112164136j:image
グラスの透明感と模様を生かしてみました。逆光はNGだ!!とさんざん書いてきましたが、素材によっては影が生きることもあります。また、先ほど紹介したアプリでフィルター加工をして、少しクールなイメージにしました。


▽さらに切り取る
f:id:akislog:20151112164502j:image
全体像ではなくて、撮影した写真の一部を切り取ってみました。なんだかフリー素材っぽくなりましたね、オシャレ度アップです。撮った写真は全部使わなくて良いんですよ、一番素敵に見える部分を使いましょう。


練習あるのみです。

ながながと紹介しましたが、一番の近道はたくさん写真を撮ることです。まずは夕食をいかに美味しく見えるか撮影してみることから始めてみてはいかがでしょうか?私自身、数え切れないほど夕食を撮影して練習しました。レコーディングダイエットにもなって一石二鳥かもしれません。


ちなみに撮影をした写真をブログに掲載する時は、写真サイズを小さくすると良いですよ。サイズが大きいと読み込みに時間がかかってしまうので、読者さんにイラッとさせてしまうかもしれません。


▽サイズ変更アプリ
私が利用しているアプリはこちらです。先の加工にアプリと同じく無料です。だいたいサイズは480以下が良いと思います。


知識のある方からすると鼻クソのような内容かもしれませんが、「教えて欲しい」と要望もいただきまして、恐れ多くも今回記事にいたしました。一人でも多くの方が、楽しく写真を撮れますように…♪



◯自己紹介はこちら→はじめまして - ごきげんすいっち