ごきげんすいっち

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

お漬物を買わずに自分で作る。

こんにちは、AKIです。

私の祖母と夫のお母様は、漬物づくりがとても上手です。私はというと「漬物を漬ける」=「面倒くさそう」と先入観を持っていたので、漬物は帰省した際に祖母やお母様にいただくか、スーパーで購入していました。


漬物づくりを教わる。

せっかく年末年始に帰省したので、夫のお母様に教えていただきました。お母様が作る千枚漬けがとっても美味しかったのです。


何を用意するの?
ど素人なもので、イチから教えていただきました。てっきり漬物を漬けるには漬物樽が必要だと思っていたのですが…


漬物石?漬物樽?
そんなのいらないよ(笑)
と、笑われてしまいました。


【用意するもの】
  • ボウルが2つ
  • カブ
  • 浅漬けの素
  • 昆布(あるといいな)
  • 柚子の皮(あるといいな)
  • 鷹の爪(あるといいな)
  • 密閉容器


千枚漬けの素で十分!
間違いないからね!
by.お母様


どうやって作るの?
  1. カブの水分を出す
  2. 水分を切る
  3. 漬ける

工程はこれだけです。
レッツトライ!!


実際に作ってみました。

f:id:akislog:20160113211807j:image
↑完成系。とっても美味しかったです。


1:カブの水分をだそう。
  1. カブを薄く切ります。
  2. 切ったカブをボウルに入れて、塩で軽くもみます。
  3. もう一つのボウルに水を入れて、カブを入れたボウルの上に重ねます。(これが重石の代わり)

【ポイント】
  • カブの水分を出す程度なので、塩はそんなに多く必要はありません。
  • 寝る前に仕込んでおけば、翌朝にはしっかり水がでます。(6時間程度)


2:カブの水分をきろう。
  1. 一晩(6時間程度)水を出させたカブをよく洗います。
  2. 両手でギューッと絞って密閉容器に入れます。

【ポイント】
  • ここでよく洗わないと、塩辛い千枚漬けになります。
  • 密閉容器はプラスチックのタッパーなど、一般家庭にあるものでOK。


3:いよいよ漬けよう。
  1. 密閉容器にカブを入れたら、柚子の皮や昆布、鷹の爪などをお好みでトッピングする。
  2. 千枚漬けの素をカブが浸かるくらいに入れる。
  3. 容器の蓋をして冷蔵庫へ。

【ポイント】
  • 朝仕込めば、夜ごはんには美味しくいただけます。
  • 冷蔵庫でなくても、寒くて日の当たらない場所ならOK。
  • 1週間〜10日ほどで食べきりました。


まとめ

わざわざ漬物樽を買わなくても家にあるボウルと密閉容器で出来ると知って、ハードルが一気に下がりました。これなら手軽に作れそうです。


普段は敬遠しがちな“◯◯の素”ですが、漬物に関しては下手に自分で塩やお砂糖、その他の調味料のバランスを考えるより、初心者には手軽に美味しく作れます。漬物上級者になれば素が必要なくなる日が来るかもしれませんが、私はもうしばらく利用させてもらおうと思います。


冬は白菜や大根が安く手に入ったり、いただく機会も多いです。冷蔵庫を開ければパッと食べれる便利食材の漬物を作り置きして、楽に美味しく冬の食卓を彩りたいですね。



◯自己紹介はこちらはじめまして - ごきげんすいっち