ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

お気に入りコーディネートを制服化して、服から自信をもらう。〜暮らしをシンプルにする方法(3)〜

こんにちは、冬タイヤをノーマルタイヤに履き替えると、春の訪れを感じるAKIです。


キーワード「制服化」

中学・高校と指定の制服があったので、着るものに困ったことはありませんでしたが、大学生になってから「着る服がない!!」とタンスをひっくり返す日々が始まりました。


「ミニマリスト」や「シンプルライフ」という生き方を知ってから、「制服化」というワードに出会いました。まさに、目からウロコ。「制服がないなら、自分で作っちゃえば良いじゃん!!」と開き直ってから、朝の身支度が少しずつ楽になりました。


仕事着の制服化

f:id:akislog:20160312164244j:image
まず最初に取り掛かったのが、仕事着。「先生」と呼ばれる職業なので、清潔できちんとした身なりが条件です。シャツはTAKAQのノンアイロンシャツを愛用。洗って干すだけでパリッと仕上がるので重宝しています。ジャケットはUNIQLO×イネスのコラボアイテム。軽くて動きやすいところがお気に入り。


▶︎仕事着の「制服化」は、おはぎさんの記事を読んで開眼しました。


家事服の制服化(ワンマイルウエア)

f:id:akislog:20160312164636j:image
夏以外はこのワンピース2着(UNIQLO)が家事服です。下にレギンスを履いたり、タイツを履いたり、寒い時はレッグウォーマや上着(パーカー)をプラスしています。実際に着てみると細身で上品なシルエットで、生地もしっかりとしているので「ちょっとそこまで」のワンマイルウエアとしても大活躍です。


▶︎「ワンマイルウエア」は、ヤマネコさんの記事がとても参考になりました。


ボトムスを基準にしたトップス選び

f:id:akislog:20160312172156j:image
↑ジーンズ中心のコーディネート

仕事着でもなく、ワンマイルウエアでもない服を選ぶ時は、その日の予定やTPOに合わせて、まずボトムスを決めるルールにしています。それからトップスを選ぶのですが、ボトムスに合わせて幾つかコーディネートをパターン化しておくと、トップス選びも楽になります。


写真のように、中心にボトムスを、周りにトップスを並べて写真をコラージュしておくと楽チンです。服を買い足す時に同じようなモノを買ってしまうのを防げますし、手持ちのボトムスに合わないトップスを購入してしまった〜なんて失敗も防げます。

f:id:akislog:20160312172930j:image
↑デニムスカート中心のコーディネート


まとめ

仕事・ワンマイルウエア・お出かけ着など、シーンごとに制服化をしたり、制服化まではいかなくても、定番の組み合わせパターンを作っておくと「着る服がない!!」なんてはことは防げます。また、サッと決められるので、朝の身支度がはかどって一石二鳥ですね。洗濯をしていない服を毎日着るのはさすがに不衛生ですが、きちんと洗濯をして清潔を保ちさえすれば十分ですね。


そもそもですが、
他人はあなたがいつ、どこで、何を着ていたかなんて、ほとんど覚えていません。365日違うコーディネートをするのに必死になるのはやめて、少数精鋭、自分が輝けるファッションを楽しみませんか?


special thanks

トランクひとつのモノで暮らす

トランクひとつのモノで暮らす


参考にさせていただいたのが、エリサさんの著書「トランクひとつのモノで暮らす」です。

▶︎エリサさんの人気ブログはこちら

今回は、第6章「暮らしをシンプルにする20の方法」より「方法3 定番コーディネートを決める」を実践しました。




▼Twitterはこちら

▼自己紹介はこちら