ごきげんすいっち

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

【まとめ】暮らしをシンプルにする方法〜ファッション編〜

f:id:akislog:20160324211947j:image

こんにちは、AKIです。
今回は、これまで5回に分けて書いた「暮らしをシンプルにする方法」のファッション編をまとめました。




(1)“手持ち服の棚卸し”で現状を知る。

何はともあれ、まずは棚卸し。「なんとなく」残してある服と一つ一つ向き合うことは、「これまでの自分」をふりかえること。



(2)手放した服から「鬼門」を知る。

「なぜ手放したのか」もしくは「なぜ手放したいのか」を考えると、服選びの「鬼門」が見えてきます。まさに、服との作戦会議。



(3)納得のコーディネートで服から自信をもらう。

朝のドタバタ劇とはサヨナラ。イマイチなコーディネートで過ごす日は、なんとなく気分がのらないものです。納得のコーディネートを持つこと(制服化・定番化)は、きっと自信につながります。



(4)褒められ服と好きな服の共存を考える。

「褒められ服」と「好きな服」が、必ずしもマッチするとは限りません。周囲も自分もごきげんになれる装いを考えてみませんか?



(5)理想のワードローブから「なりたい自分」を知る。

知らず知らずのうちに、服が与えてくれる影響は大きいものです。「カタチから入る」という言葉がありますが、「なりたい自分」になるために、服の力を借りるのもアリ。


服を利用したもの勝ち。

この5つのテーマを通して得られたもの。それは「服にふりまわされる私」から「服を利用する私」へシフトできたことです。


装いが整うと、自然と心はごきげんに導かれます。「今日もいい感じ♪」と鏡にうつる自分にほほ笑んで、1日をスタートしてみませんか?




Twitterはこちら

▼自己紹介はこちら