ごきげんすいっち

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

「なんだか、つまらない。」安定感バツグンな生活。

こんにちは、AKIです。

f:id:akislog:20160411153315j:image
夫とお花見をしました。
お花見と言っても、ドライブ途中に桜の綺麗な公園に立ち寄っただけなのですが、昨年の夏に引っ越してきてから初めて見る桜は、なんだかとても新鮮でした。


近頃、悶々していました。



再婚・引越後しばらくは、子供たちのこと、自分たちのこと、家のこと…全てを1から育て、組み立て、整えていく過程は試行錯誤の連続でした。夫や子供達と知恵を絞りあい、知り合いもいない中、ご近所さんや学校の先生にたくさんのことを教わりながら…ドタバタしながらも、少しずつ環境を築いていく過程は充実していました。


そして、今。


新たに仕事を始め、それなりに家事をこなし、子供達はどんどん大きくなってく中、特に不満もなければ満足もなく、至って順調かつ幸せなんだけれど…近頃「なんだか、つまらない。」


理由が分からず悶々していたところ、坂爪圭吾さんの記事にヒントが。



「これだ!」と目からウロコ。


どうやら私は、環境サイズにピタリ収まったみたいです。

引越し間もなかったころの私は、置かれた環境サイズに自分を合わせていこうと、どんどん自分が風船のようにフワフワ膨らんでいた時だったんですね。だから、ワクワクしたし、見る景色全てがキラキラしていたように思います。


今はそれなりに衣食住が整い、落ち着き、仕事にも慣れ、家庭円満。安定感バツグンな生活を営んでいます…つまり、環境サイズにピタリ収まった状態なんですね。


箱の中にピタリ収まった風船は、それ以上に膨らまなければ、フワフワ浮遊することもできません。そんな身動きの取れない風船のような状態が、まさに近頃の悶々の正体かも。


もう少し大きな箱を用意しよう。

この停滞から脱するには、今より大きな箱(世界)を用意するしかありません。それが目標だったり、夢なのかもしれませんね。


そんなことを、散りゆく桜の下で考えた午後のひととき。




Twitterはこちら

▼自己紹介はこちら