ごきげんすいっち

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

「ごはん作りたくなーい!」時の強い味方、自作レトルトで保険をかける。

こんにちは、AKIです。


疲れていると「ご飯作りたくなーい!」と思うのが正直なところ。最近どうにもモチベーションが上がらなかったところに、おはぎさんのマイナビコラムを読んで、モチベーション復活。


「作り置き」はその場で食べてしまう。

▼モチベーションを上げてくれた、おはぎさんのコラムはこちら。


私は「作り置き」が上手に利用できません。…と言うのも、作るとすぐに食べたくなってしまうからです。「作り置き」する以前の問題、その日のうちに食べてしまいます(笑)


「調理」と一言で言っても、工程は盛りだくさん。

おはぎさんが提案しているのは、“先に下ごしらえを済ませておくと、調理のハードルが下がるよ〜”というもの。


【いつもの調理】
  1. メニューを決める
  2. 洗う
  3. 切る
  4. 焼く、煮る、茹でる etc…
  5. 味付けする
  6. 盛り付ける
…と、まぁ工程が多いわけですよ。
仕事や子供のことでぐったりしているとき、これだけ盛りだくさんな工程が待ち構えていると、どうしても腰が重たくなります。ただ毎日外食や惣菜だと家計にひびくので、身体にムチ打って5人分の食事を作っているのです(涙)


【おはぎ流】
  1. (すでに下ごしらえがしてあるので)焼く、煮る、茹でるetc…
  2. 盛り付ける
これだけ!!
なんと画期的!!!!


「あ、冷蔵庫にアレがある!」の安心感。

買い物をした時や余裕のある時に、下ごしらえを済ませておく。難しいことは一切なくて、密閉容器や密閉袋に切り終えた具材と調味料を放り込むだけ。


自作レトルトじゃん!!


温めるだけ!焼くだけ!さらにそのままご飯にのせるだけ!な〜んて簡単メニューもコラム掲載されていました。これは目からウロコがぽろぽろ。


「帰ったら冷蔵庫のアレを焼くだけ」と思えるだけで、かなり気分が楽になります。保険のような「いざとなったら!」な安心感がありますね。


まとめ

f:id:akislog:20160513201038j:image
さっそく一番簡単そうなものを作りました。(ゴマをトッピングするのが最近のマイブームです。)


毎日営まれる食事。
作る人が無理せず、みんなが美味しくごきげんにいただける調理方法。ぜひ、おはぎさんのコラムを参考にお試しください。

▼おはぎさんの人気ブログはこちら

▼今回紹介したおはぎさんのコラムはこちら




▶︎Twitterでブログの更新情報や日常をつぶやいています。「#ごきげんすいっち」で、あなたのごきげんを共有してみませんか?


▶︎管理人AKIの自己紹介はこちらです。ぜひご一読ください。


▶︎お問合わせ
お問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。(管理人AKI直通です。)