ごきげんすいっち

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんすいっち

3人息子の母AKIがシンプルライフやミニマリズムで見つけた【ごきげん】に生活するためのヒントを集めたブログ。

大は小を兼ねるのか!?自分にとっての「ちょうどいい」にスポットをあてる。

こんにちは、いつもAmazonのお世話になっているAKIです。


いつもサッと届けてくれるので有難いのですが、Amazonの梱包って、大きすぎると思いませんか?

f:id:akislog:20160518154513j:image

でしょ?


今回は小さな電球を頼んだのですが、商品のサイズに対して十分すぎるほどの余白。CD1枚、本1冊を頼んだ時もこんな感じ。


大は小を兼ねるのか?

梱包材の無駄遣いのように思えて不思議だったのですが、Twitterにてむぎちゃさんがこんなことを教えてくれました。


なるほど。
サイズのバリエーションを豊富に揃えなくても、「大は小を兼ねる」考え方で、サイズを限定してコストダウンってことですね。


Amazonの梱包について納得したところで、ふと自分に当てはめて考えた時に「大は小を兼ねるのか?」とさらにそこから疑問がムクムクと。


▼むぎちゃさんのブログはこちら


ちょうどいいサイズって何だろう?

私にとっての「ちょうどいいサイズ」を考えてみました。
  • 大きめのマグカップ
  • 手のひらサイズのメイン財布
  • iPhoneは5sのサイズに限る
  • 靴は22.5cm
  • 車は軽自動車で十分 etc…
こだわって選んだものや、断捨離をくぐり抜けてずっと残ってきたものは「ちょうどいい」みたいです。


次は「大きすぎるもの」を考えてみます。
  • ノートパソコン
  • 通勤カバン
  • お小遣い用のお財布
買い替え時には見た目や機能性だけではなく「サイズ」も考慮して、選んでみます。


最後に「小さすぎるもの」を考えてみます。。。が、特に思いつきませんでした(笑)


まとめ

「ちょうどいい」を基準に物事を見まわしてみると、「ちょうどいい」には理由があります。利便性だったり、デザインだったり、思い入れだったり…理由は様々だけど、そこにある「ちょうどいい」モノたち。


新たに購入したり、買い換える時は、「ちょうどいい」を基準に選ぶと、長く楽しくお付き合いできるのかもしれません。そんなことを思った、3時のおやつ。




▶︎Twitterでブログの更新情報や日常をつぶやいています。「#ごきげんすいっち」で、あなたのごきげんを共有してみませんか?


▶︎管理人AKIの自己紹介はこちらです。ぜひご一読ください。


▶︎お問合わせ
お問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。(管理人AKI直通です。)