ごきげんすいっち

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

上を見上げればきりがないけど、前に進むことはきっとできる。

こんにちは、AKIです。


先週から、職場に後輩ができました。
今までは私が「新入り」ということで、上司や先輩に甘えっぱなしだっただけに、背筋がピーンと伸びた一週間でした。


上を見ると辛くなる。

私の先輩は、知識が豊富で、ピンチの時はいつも助けてくれて、ダメな時はきちんと叱ってくれて、おまけに人としてもとてもキュートで魅力的な女性。まさにスーパーウーマンです。見上げればきりがなくて、ずーっとずっと遠くの存在に思えてしまいます。


同じ道を歩いている最中。

そんな先輩も、最初から知識豊富だったわけではなかったそう。勉強して努力を積み上げてきた結果が、今、私の目の前にいる先輩を作ってきたのだと上司から教わりました。


最初は私と同じ何も知らないところから始まった。だとしたら、先輩も私と同じ道の上、ちょっと先を歩いている最中なのですね。


そうとらえると「先輩には追いつけっこない」という考えよりも、「今、先輩のいる位置まで私も辿り着けるかもしれない」という肯定的な考え方ができそう。


みんな同じ道の上。

f:id:akislog:20160527202100j:image
先輩は私のちょっと先を歩いている。
今はまだスタートに立ったばかりの後輩の、ちょっと前には私がいる…はず(笑)でもそれは「今」の時点であって、いつでも追い越される可能性だってあるわけで。


急に先輩のようにはなれないけれど、一歩ずつ前向きに進んでいこう。そしたらきっと、今の先輩に見えてる景色が、私にも見えるかもしれない。



▶︎Twitterでブログの更新情報や日常をつぶやいています。「#ごきげんすいっち」で、あなたのごきげんを共有してみませんか?


▶︎管理人AKIの自己紹介はこちらです。ぜひご一読ください。


▶︎お問合わせ
お問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。(管理人AKI直通です。)