ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

【考え方】ミニマリストと家族がごきげんに共存するコツ。

こんにちは、AKIです。

ミニマルな暮らしにシフトしてから5年。家にある私のペンとハサミは、それぞれ1本ずつです。
f:id:akislog:20160603161031j:image
理由は簡単、
探すのが面倒だから。

1本しかないので、置き場所は定位置に必ず戻します。おかげで行方不明になることもありません。


「面倒くさい」の基準は人それぞれ。

面倒くさいの基準って、人によって違いますよね。ペン1本にしても、私の場合は「探すのが面倒くさい」ので定位置に1本と決めていますが、それゆえに「取りに行かなくちゃいけない」手間がかかります。

私は取りに行くことにたいして全く面倒だとは思わないのですが、「取りに行く方が面倒くさい」=「あちこちにあった方がいい」と思う人もいて当然。


私の面倒くさいポイント。

  • 物の管理が面倒→物を減らそう
  • 物を探すのが面倒→定位置を決めよう
  • 服を選ぶのが面倒→仕事着の制服化
  • 掃除が面倒→床に物を置くのをやめよう

あくまでもこれは、私の面倒くさいポイントのごく一部。結果として、ミニマルな暮らしは面倒くさがりな私にはぴったりだったのかもしれません。


おしつけない。

このような理由で、冒頭のペン1本・ハサミ1本にたどり着くのですが、一緒に暮らす家族には押し付けていません。

それぞれが、それぞれの部屋に、ペンやハサミをいくつ所有しようが自由。だって、その人にはきっと必要なものだから。

みんなそれぞれ違う「面倒くさいポイント」。そこを認め合うことが、家族とごきげんに共存できる私なりのコツです。



▶︎Twitterでブログの更新情報や日常をつぶやいています。「#ごきげんすいっち」で、あなたのごきげんを共有してみませんか?


▶︎管理人AKIの自己紹介はこちらです。ぜひご一読ください。


▶︎お問合わせ
お問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。(管理人AKI直通です。)