ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

【考え方】道は全部自分で作らなくてもいい。乗っかれるものには乗っかれ!ごきげん世渡り。

こんにちは、AKIです。

 

「プロポーズ」と聞いて、何を思い浮かべますか?指輪でしょうか、はたまたオシャレなレストランでしょうか。

 

ふと思い立って、夫にプロポーズされた思い出の場所へ出掛けてきました。

 

 

思い出の場所をめぐる。

f:id:akislog:20160627173441j:image

夫にプロポーズされた場所から見える景色。(プロポーズされてからまだ1年と10ヶ月ですが)すでに懐かしいです。

 

f:id:akislog:20160627173723j:image

プロポーズされる直前に寄ったZARA。私が服選びを楽しんでいる最中に、なんと夫はプロポーズしようかどうか悩んでいたそうな。全く気付かず(笑)

 

 

プロポーズは突然に。

買い物にご満悦の私に向かって、夫が突然プロポーズをしてくれました。想定外すぎる場所とタイミングだったので、キョトンとしながらも「お願いします。」と伝えたのを覚えています。プロポーズの言葉は内緒(ウフフ〜)

 

 

運と勢いとタイミング。

夫と出会ってすぐに意気投合・お付き合い。付き合って2ヶ月でプロポーズしてもらって、その半年後にはトントン拍子で両家顔合わせ。お付き合いを始めて丸1年のスピード婚。

 

私たちはスピード婚を狙っていたわけではありません。当時お互いにシングルマザー・シングルファーザーだったので子供のこともあり、かなり慎重でした。

 

慎重な私たちに、互いの子供達や両親たちが追い風を起こしてくれたのです。私たちはその勢いのある風にタイミングよく乗せてもらったにすぎません。

 

 

自分だけじゃ進めないことも沢山ある。

人生の選択はあちこちにあります。結婚だけじゃありません、就職・転職や進学など。小さな選択も含めたら、私たちは常に何かを選択して生きています。「パンにしようかな、ごはんにしようかな?」とかね。

 

「自分が納得するまで見極めたい!」

「他人の意見には振り回されない!」

そう思うのも悪くはありませんが、気づかない間にタイミングを逃しているのかも。

 

ただただ他人に流されるのはいかがなものかと思いますが、ときには「風を読む」「風に乗っかる」のも、面白いかもしれませんよ。

 

ただし、思い描いた結果にならなくても

  • 決して他人転換しないこと。
  • “責任を持って”乗っかること。

 

これがAKI流「ごきげん世渡り」(笑)

 

 

▶︎Twitterでブログの更新情報や日常をつぶやいています。「#ごきげんすいっち」で、あなたのごきげんを共有してみませんか?

AKI@ごきげんすいっち (@akislog) | Twitter  

 

▶︎管理人AKIの自己紹介はこちらです。ぜひご一読ください。

【自己紹介】ごきげんすいっち管理人のAKIです。 - ごきげんすいっち  

 

▶︎お問合わせ

お問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。(管理人AKI直通です。)