ごきげんすいっち

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

【感想】自分ならどうする!?「365日のシンプルライフ」

こんにちは、AKIです。

映画「365日のシンプルライフ」を観て感じたこと、マネしたいことをまとめます

 

365日のシンプルライフ」とは

365日のシンプルライフ(字幕版)

ヘルシンキ在住・26歳のペトリは、彼女にフラれたことをきっかけにある“実験”を決意する。
ルールは4つ。
①自分の持ちモノ全てを倉庫に預ける
②1日に1個だけ倉庫から持って来る
③1年間、続ける
④1年間、何も買わない
1日目は、空っぽの部屋から倉庫まで、全裸で雪のヘルシンキを駆け抜ける。こうして始まった365日の“実験”生活。

映画『365日のシンプルライフ』オフィシャル・サイトより

 

印象に残った、おばあちゃんの言葉。

人生はモノでできてない

主人公ペトリのおばあちゃんの言葉です。人生の幸福度は、決してモノで測ることはできませんよね。続けておばあちゃんはこう言います「特別な何かが必要よ」と。

 

人生に彩りを与えてくれる、私にとっての“特別な何か”…

f:id:akislog:20160629175043j:image

上手く言葉で表現できないけれど、好きな人(夫)にもらったお花を素直に「きれいだな」と思えるとか、丁寧に生けるとか、きっとそういうこと。

 

家庭はモノじゃない

隣の芝は青い…なんて言いますが、つい人のモノが羨ましく思えることはよくあること。「いいな」と思うことは何も悪いことではありませんが、他人と比較して自分(家庭)を卑下することはやめようと思います。ウチはウチ、ヨソはヨソ。

 

モノは小道具よ

ブランド物を身につけているから美しい…とは言えませんよね。ブランド物だろうと、プチプラだろうと、自分に似合うかどうか。自分を引き立ててくれるモノかどうかが肝心。私も「流行りだから」と似合いもしないファッションやメイクを追いかけていた時代もありますが、きちんと自分に似合うもの、心地のいいものをチョイスしていく目を養いたいです。

 

こんな人にオススメ

  • 断捨離がひと段落した人
  • 隣の芝が青い人
  • 周りに合わせることに疲れた人
  • 「シンプルライフ」や「ミニマリスト」に興味はあるけど踏み出せない人

 

見ておしまいの映画ではありません。「自分ならどうする?」と動き出したくなる、そんな映画です。

 

 

 

▶︎Twitterでブログの更新情報や日常をつぶやいています。「#ごきげんすいっち」で、あなたのごきげんを共有してみませんか?

AKI@ごきげんすいっち (@akislog) | Twitter  

 

▶︎管理人AKIの自己紹介はこちらです。ぜひご一読ください。

【自己紹介】ごきげんすいっち管理人のAKIです。 - ごきげんすいっち  

 

▶︎お問合わせ

お問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。(管理人AKI直通です。)