ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

【考え方】特別な日のために、なんでもない日常を犠牲にするのはやめませんか?

こんにちは、AKIです

年を重ねるごとに「特別な日」って減っていると思う今日この頃。私がまだ独身の頃は「今晩は合コン!」「明日はデート!」などなど…毎日がお祭りのようでした。

 

その「特別な日」のために、食を疎かにして新しい洋服を買ったり、夜遅くに帰ってきては翌日昼まで寝過ごしたり。

 

今思えば、「特別な日」のために「日常」を犠牲にしていたような…。まぁ、それはそれで良い思い出。

 

人生のほとんどは「なんでもない日常」

f:id:akislog:20160709152238j:image

起きて、仕事へ行って、帰ってきたら家事をして、眠る…現在の私は、この「なんでもない日常」が人生の大部分を占めています。

 

だとしたら、数少ない「特別な日」のために「日常」を犠牲にすることは、人生の大部分を犠牲にしていることになるのかな〜と。

 

…なんだかそれって、もったいない。

 

「なんでもない日常」は基礎練習。

ルーチンワークのいつもの家事を、いつも通りこなす。そんな「なんでもない日常」は、基礎練習のようなものかもしれない。

 

スポーツでもなんでもそうですが、基礎練習って単調でつまらない。家事も正直単調でつまらない作業の連続。

 

「家事を楽しむ」ってよく聞くけど、みんなが無理に楽しいだなんて思わなくていいし、ましてや「家事を楽しめない私は主婦失格なのかしら」なんて悲観的に思うのこともないと思うなぁ。だって、基礎練習なんだもん。

 

ちょっとだけ変えてみる。

基礎練習も、たまにはちょっと変えてみるとメリハリがでる。「ちょっと時間をかけて料理してみよう」とか「ちょっと丁寧に机を拭いてみよう」とか…ちょっとだけ変えてみると、慣れすぎたことが不思議と面白くなる。

 

基礎があるから輝ける。

食事、身なり、整理整頓、掃除、仕事 etc…「なんでもない日常」を丁寧に積み上げていくことが、「特別な日」をよりキラキラさせてくれる気がする。日常を犠牲にするのは、もうやめよう。

 

 

▶︎Twitterでブログの更新情報や日常をつぶやいています。「#ごきげんすいっち」で、あなたのごきげんを共有してみませんか?

AKI@ごきげんすいっち (@akislog) | Twitter  

 

▶︎管理人AKIの自己紹介はこちらです。ぜひご一読ください。

【自己紹介】ごきげんすいっち管理人のAKIです。 - ごきげんすいっち  

 

▶︎お問合わせ

お問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。(管理人AKI直通です。)