ごきげんすいっち

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

お香を焚く、心がゆるむ。

こんにちは、AKIです。

 

3年ほど前まで「私の香り」と言い切るほど愛用していた香水がありました。それはGUCCI“ENVY”。残念ながら廃盤となってしまい、手持ちの瓶を使い切ったところで、香りをまとう生活とは疎遠になっていました。

 

新たな香りに触れる。

f:id:akislog:20160807111354j:image

先日、生まれて初めて「お香」を購入。

京都のlisnというお店のお香です。

 

きっかけはヨガインストラクターのみうさんの著書「ヨガとシンプルライフ (正しく暮らすシリーズ)」。香水やアロマを使用したことはありますが、お香は未経験でした。モノではなく香りで部屋の雰囲気を変えたり、ささやかなリラックスタイムにお香の力を借りてみるのも、面白そうだなと思ったからです。

 

▼「ヨガとシンプルライフ」を読んで感じたことを綴りました。

今までもこれからも「ヨガとシンプルライフ」から取り入れたい“しなやかな”暮らし。 - ごきげんすいっち

アロマオイルも手軽ですが、本で紹介されていた「お香」も一度チャレンジしてみたい。

 

選んだお香。

▼私が選んだお香は No.143「AGUA DE BEBER(水と緑)」

LISN STORE | 143 AGUA DE BEBER: インセンス

マリン系の香りとグリーンが合わさった、とても爽やかな香りです。香りにはそれぞれイメージストーリーがあるそうで、私が選んだ「水と緑」のストーリーはこちら。

あふれる想いも悲しみも
そう、すべては流れてゆくのだから

(商品情報より)

「留めずに流す」・・・

購入後にイメージストーリーの存在を知ったのですが、毎日行っている禅やヨガに通ずる内容に驚き。無意識に選んだつもりですが、必然と香りに引き寄せられたのかもしれません。

 

▼夫が選んだお香は No.31「LILY OF THE VALLEY(清楚な鈴蘭)」

LISN STORE | 031 LILY OF THE VALLEY: インセンス

甘いフローラル系。甘さの中に、凛とした気高さを感じる香りです。

自分の為だけの日があっても良いじゃないか。
何かのはじまりの1日はまだスタートしたばかり。

(商品情報より)

いつも家族のことを想い、お仕事に勤しみ、時には家族のムードメーカーとなってくれる夫。近頃は自分自身と向き合うことが増えたようで、「自分を変えたい」「このままではいけない」が口癖です。やはり夫も、必然と香りに引き寄せられたのでしょう。

 

お香を焚く、心がゆるむ。

お香を焚くと不思議なもので、喋り口調や仕草がいつもよりスローになる気がします。…と言うよりも、無駄なお喋りをしなくなります。

 

15分ほどで燃え尽きてしまうお香。その間は自然と手を止め、足を止め、ただ静かに香りに身を委ねたくなるのです。

 

今日は慌ただしい1日だったな…

なんだかイライラしているな…

 

いささか穏やかではない1日の終わりには、お香に火をつけゴロンと仰向けになる私がいます。

 

すると、

だんだん だんだん ほぐれてくる…。

 

 

 

▶︎Twitterでブログの更新情報や日常をつぶやいています。「#ごきげんすいっち」で、あなたのごきげんを共有してみませんか?

AKI@ごきげんすいっち (@akislog) | Twitter  

 

▶︎管理人AKIの自己紹介はこちらです。ぜひご一読ください。

【自己紹介】ごきげんすいっち管理人のAKIです。 - ごきげんすいっち  

 

▶︎お問合わせ

お問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。(管理人AKI直通です。)