ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

暮らしをシンプルにする20の方法〜後編〜

こんにちは、AKIです。

仕事に家事に子育てに…毎日フル稼働のお母さんにこそ知っていただきたいミニマリズムの考え方。

余裕のあるときではなく、余裕のないときを基準に暮らしを整える。この考え方も「トランクひとつのモノで暮らす」の著者であるエリサさんから学んだこと。

 

暮らしをシンプルにする方法(後編)

今回はその著書をヒントに私が実際に行った、暮らしをシンプルにしていく過程をまとめた後編です。

▼前編はこちら

暮らしをシンプルにする20の方法〜前編〜 - ごきげんすいっち

▼著者エリサさんのブログはこちら

魔法使いのシンプルライフ

 

  1. 食べると元気になる物を知る
  2. 1日のうちで調子のいい時間を知る
  3. 取り入れない情報を決める
  4. 連絡先の整理をする
  5. 好きな人を書き出す
  6. おすすめの〇〇ベスト10を挙げてみる
  7. テーマカラーを決める
  8. 自分の棚卸しをする
  9. 好きなモノを周囲に伝える
  10. 夢や目標を周囲に話す

 

①食べると元気になる物を知る

疲れていると、なんとなく甘いモノやジャンクフードに手が伸びがち。しかも大量に(笑)以前はそれが「身体の欲しているモノ」だと思っていたのですが、それらをお腹いっぱい食べたあとは決まってダルさを感じることに気がつきました。

それ以来、無性に甘いモノやジャンクフードを食べたいと思うときは「疲れているサイン」だと受け止めています。

「食べると元気になる」食品は見つけられていませんが、元気のない時に気をつけていることはこの3つ。

  • 甘いモノとジャンクフードを避けること
  • 和食をベースに腹五分にすること
  • 冷ました白湯をよく飲むこと

▶︎【手放す】「とりあえず菓子パン」をむさぼることをやめる。 - ごきげんすいっち

▶︎“何となく”甘い物を欲しない。 - ごきげんすいっち

 

②1日のうちで調子のいい時間を知る

家族がいると、まとまった自分時間がとれませんよね。何気なくすごしている朝時間・夜時間を見直してみると、自分時間を確保できるチャンスタイムが見えてきます。

▶︎【自分ゴト】理想の朝時間を考える/誰にも邪魔されないコツは朝にあり。 - ごきげんすいっち

▶︎【自分ゴト】理想の夜時間のすごし方を書き出してみると、家に帰るのが楽しみになる。 - ごきげんすいっち

 

③取り入れない情報を決める

スマホやパソコンを開けば、意識をしなくても情報は流れてきます。すべての情報を飲み込めるようなハイスペックな頭脳は持っていませんし、そもそも自分にとって必要な情報って、実はそんなになかったり。「欲しい情報を自分から取りに行く」くらいの姿勢がちょうど良い。

Twitter

Twitterのタイムラインはミュート機能を利用して、すぐに欲しい情報のみ表示させています。あとは「知りたいな」と思ったときだけ、フォローしている方のツイートを見るようにしています。

ニュース

新聞をとっていないので、スマホでニュースをチェックしています。ただ、寝る前にゴロゴロしながらニュースを見ていると永遠とネットサーフィンをしてしまうクセがあるので、夜はチェックしないようにしています。

テレビ

テレビはほとんど見ません。どうしても見たい番組がある時だけ、録画をして見ています。…と言っても、私が録画してまで見たいのはフィギュアスケートくらい。

 

④連絡先の整理をする

電話帳

身内、病院、子供の学校、仕事関連のみ。知人・友人はLINEで済んでいます。

LINE

「友だち」は頻繁に連絡を取る人以外は非表示にしています。全員表示させていると、探すのが面倒なので。

(余談)ママ友について

子供がらみのいわゆる「ママ友」とは、やたらと連絡先を交換する必要はないように思います。わが子と関わる全てのママとつながる必要はありません。(たまにいますけどね、挨拶しかしたことないのに連絡先を交換したがる人。)

長くなりそうなので、「ママ友」についてはまた後日。

 

⑤好きな人を書き出す

  • 夫婦の時間を大切にしてくれる夫
  • いつも気にかけてくれる義父
  • とにかく明るい義母
  • 好奇心旺盛でチャーミングなHさん
  • 共感はするけど同情は絶対にしないYちゃん
  • 商品愛があふれるパティスリーのおばちゃん

私の好きな人は、みんな明るい。一緒にいると元気になれる人。どの人も自分の伝えたいことを(うまく伝えられなくても)一生懸命に伝えようとしてくれる人。

 

⑥おすすめの〇〇ベスト10を挙げてみる

購入して良かったものベスト10
  1. ステンレス製のタンブラー(カインズ)
  2. 小さい財布(アブラサス)
  3. 手ぬぐい(SOU-SOU、セリア)
  4. お香(lisn)
  5. 付箋
  6. A6サイズのノート
  7. ハンガー(ニトリ)
  8. カップ付きインナー(UNIQLO)
  9. アッパーニットスニーカー(BODYMAKER)
  10. 缶入りのハンドクリーム

ひとつひとつ語りたいものばかり。まだ記事にしていないものは順番に紹介したいな。

▼小さい財布(アブラサス)について

暮らしをシンプルにする20の方法〜前編〜 - ごきげんすいっち

▼手ぬぐいについて

【インテリア】手ぬぐいで、ごきげんになれる窓辺を作る。 - ごきげんすいっち

▼お香について

お香を焚く、心がゆるむ。 - ごきげんすいっち

▼ハンガーについて

プラスチックハンガーをやめました。 - ごきげんすいっち

 

⑦テーマカラーを決める

白、ターコイズブルーのような明るいブルー、ネイビー。差し色にゴールド、レモンイエロー。

カバン

各サイズともに黒1択。服に応じて様々なカラーのカバンを合わせるセンスがないのです(笑)

 

⑧自分の棚卸しをする

自己紹介を書くことは、自分の棚卸しのような気がします。

▶︎【自己紹介】ごきげんすいっち管理人のAKIです。 - ごきげんすいっち

▶︎“休職1ヶ月”が私を変えた。 - ごきげんすいっち

 

⑨好きなモノを周囲に伝える

親しい人には、プレゼントや贈り物はいずれかをお願いしています。

  • 切り花(鉢植えNG)
  • 食べ物(餡子と辛いものNG)

いただいた食べ物で特に気に入ったものに関しては「次も同じのがいいな〜」と、ちゃっかりお願いしちゃいます。「あつかましい!!」と思われるかなと思いきや、逆に選ぶ手間が省けて助かるそうです。

 

⑩夢や目標を周囲に話す

主に夫に話していますが、小さな夢や目標はTwitterでつぶやくことも。誰かに話したり、ツイートすることで自分を「言い出しっぺ」にしてしまうのです。

また公言することで、嬉しいアドバイスや励まし、思わぬサポート、情報提供や紹介につながるなど輪が広がります。

子供に話すのも良いですね。「子供に言ったからには実現しないと!」と燃えますよ。

 

まとめ

「暮らしをシンプルにする20の方法」を前編・後編と分けてまとめました。

f:id:akislog:20160928165808j:image

まずは手始めに、手持ちの服や持ち物と向き合ってみると「これまでの私」と対話することになるでしょう。過去に覆われて見えにくくなくなっている「今の私」を掘り起こす作業は辛いかもしれません、しんどいかもしれません。ただ、そこから目をそらさずに向き合ったとき、あなたはもっと身軽に、もっとごきげんになれる。

 

▼前編はこちら

暮らしをシンプルにする20の方法〜前編〜 - ごきげんすいっち