ごきげんすいっち

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

セルフコーチングを取り入れて自分をもっと好きになりたい。

こんにちは、いい加減に二度寝をやめたいAKIです。

11月になって、ますます布団の恋しい季節になりました。二度寝をしても三度寝をしても、起きる辛さは一度目と変わらない…分かってはいるのに一度で布団から出られません。そんな自分にちょっぴり自己嫌悪する日もあります。

 

自分で決めたことが達成できると嬉しい。

自分で決めたことが達成できると嬉しいですよね。誰に褒められるわけでもないけれど、「自分との約束を守る」ことが自己肯定感を高めてくれます。

 

「やればできるじゃん!」の積み重ね。

自分との約束は小さな約束のほうが「やればできるじゃん!」を日々少しずつ積み重ねることができます。

例えばダイエットを始めたとします。「3ヶ月でマイナス10kg」を自分との約束にしてしまうと、間違いなく途中で挫折してしまうでしょう。

  • 階段を使う
  • 姿勢を意識する
  • ジュースを飲まない
  • 野菜から食べる

これくらいの小さな約束なら、1日1つ自分と約束できますよね。1日に全部しようと思っても、1つ守れなかっただけで「私はダメだ」と自己嫌悪に陥ります。1日1つが「やればできるじゃん!」を積み重ねるポイント。

 

セルフコーチングという考え方。

f:id:akislog:20161103173803j:image

自分で自分を「なりたい私」に向けてコントロールをしていくことは、とても難しいこと。スポーツ選手やアスリートにコーチがいるのは、そのためです。

コーチを雇うには費用が必要ですし、私たち一般人がコーチを雇うということは現実的ではないでしょう。だとしたら、自分で自分をコーチンしていくしかないわけです。

 

ワークのお供に368ノート。

冒頭のとおり、二度寝三度寝を繰り返し「なりたい私」にほど遠い私は、おふみさんの記事に紹介されていた本(

人生改造宣言―成功するためのセルフコーチングプログラム)の力を借りて、セルフコーチングのためのワークを始めました。(日本語訳されたタイトルが怪しげですね・笑)

▶︎手帳の力を借りて夢を叶えることは可能だ!多分!【日経WOMAN11月号手帳の特集に掲載されました】 - ミニマリスト日和

368ノートに書きながらワークと向き合っています。…と言っても、まだ始めたばかり。「次はどんなワークだろう?」とワクワクしながら1つ1つじっくり取り組んでいます。

▶︎368ノートで「書く」ことを取り入れたい。 - ごきげんすいっち

 

「自分との約束」を守って小さな成功体験を積み重ねていくこと。そこにセルフコーチングの考え方を織り込んで、もっと自分で自分のことを「やればできるじゃん!」と好きになってあげたいな。