ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

カラータイツで足元に華を添えて女っぷりをあげる冬にしよう。

こんにちは、AKIです。

アラサーをこえると、素足を出すことに何かと躊躇してしまいますよね。私も20代後半からは素足を出すことに抵抗がではじめ、夏はもっぱらマキシ丈のスカートかパンツルック。日焼けとか、なかなか消えない虫刺されの痕とか、膝の黒ズミとか…ね(苦笑)

そんな悩めるレディにも、冬はカラータイツを利用して足元のオシャレを楽しむチャンスです!!

 

定番の黒もいいけれど。

すでに黒タイツをお持ちの方は多いと思います。どんな服にも合わせやすいですもんね、私も仕事用に2枚ありますよ。(ちなみに冬用は110デニール)

私服に黒タイツを合わせても何も問題はありませんが、アウターやボトムスを含めモノトーンの服が多いので暗〜い印象になりがち。冬物衣料は暗くて地味な色味な多いですもんね。

 

お高いアウターよりプチプラカラータイツを揃えよう。

コートやジャケットなどのアウターは、それなりのお値段がします。コーディネートが何だか暗いからと言って、何色ものアウターを用意するのはナンセンス。保管場所も取りますし…。

だとしたら、プチプラで購入できるカラータイツで色味を取り入れてはいかがでしょう。手持ち服はそのままで、タイツの色を変えるだけなら簡単で経済的。

 

どこで買えばいいの?

カラータイツは毎年「しまむら」で購入しています。今年もたくさんの色のカラータイツが並んでいますよ。「しまむら」の良さは何と言ってもプチプラなこと、それと色の豊富さです。

  • ルビーレッド
  • ワインレッド
  • エンジ

…と、同じ赤系だけでも微妙な色味の違いで何種類も展開されています。ネット通販の画像では実際の色が分からづらいので、実物を見て購入するのがマイルール。(もちろん、ネット通販にも素敵なものはあります。)

 

色の選び方。

f:id:akislog:20161104175333j:image

私が選んだのはこの2色

  • エンジ(写真左)
  • 黒紫(写真中央)

※黒タイツは黒紫との比較のために並べました。 

 

実は「ネイビー」と「ワインレッド」の予定でした。

私の場合、ガッチリした上半身に比べて足がずいぶんと華奢です。アンバランスな体格をしているので、黒タイツだとさらに足元が貧相になり、上半身ばかりが目立ってしまいます。

そこで、私の好きな色でもある「明るいネイビー」と「ワインレッド」のカラータイツを投入しようと思い描いていました…が、実際選んだのは「エンジ」と「黒紫」。

夫と並んだときを想像してみた。

休日は夫と一緒に出掛けることが多いです。(夫がどう考えているかは分かりませんが)私のこだわりとして、夫とコーディネートがチグハグしない服選びを心掛けています。色を合わせたり、テイストを合わせたり…夫のコーディネートを確認してから、自分の服を決めるのです。並んで立った時、2人のおさまりがいいように。

ふと夫の手持ち服を思い返したときに、「明るいネイビー」は絶対に合わないと判断できたので「黒紫」にチェンジ。さらに「ワインレッド」も夫と並んだときに鮮やかすぎる気がしたので「エンジ」にチェンジ。

色選びの基準はいろいろ。

  • パートナーとの兼ね合い
  • TPOとの兼ね合い
  • とにかく自分が好きな色
  • 手持ち服との兼ね合い

いろいろな基準があると思います。ただ一つ言えることは、カラータイツの色だけを見て判断してはいけないということ。

「素敵な色だな」と思って購入したのに、手持ち服と合わせたら何だか浮いていてガッカリ…なんて失敗を避けるためです。

 

冬こそ足元に華をそえよう。

カラータイツを利用すれば、素足では躊躇してしまう足を気兼ねなく出すことができますね。スカートを楽しんでも良し、半端丈のパンツを楽しんでも良し。ブーツを合わせても楽しいですね。モノトーンコーデだって、一気に華やかになります。

何より、足を出すことで「足さばき」を意識することができます。うっかり膝を開いて座っていた…なんてことはありませんか?パンツルックやマキシ丈のボトムスが続くと、「足さばき」の意識が薄れがちです。

今年の冬はカラータイツで足元に華を添えること、さらに「足さばき」を意識して女っぷりを上げることにチャレンジしてみましょうよ。きっとあなた自身も、パートナーもごきげんになれますよ。