ごきげんすいっち

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

食べ盛り男子の胃袋を満たすバーベキュー必勝のコツと、お母さんの役割。

こんにちは、AKIです。

小春日和の今日は、家族とバーベキューをしました。食べ盛りの3人息子と、これまた食べ盛り(?)な夫を抱えるわが家のバーベキューは、「いかに経費をかけないでお腹いっぱい食べさせるか」がポイント。

今回は、食べ盛り男子を抱えるわが家のバーベキューしたくを紹介します。

 

バーベキューは前日から始まっている。

「バーベキュー」…それは子供にとっては一大イベント。一方、主婦にとっては「食べ盛りの胃袋」との戦いです。経費をかければいくらでも食材を仕入れることは可能ですが、家計を守る主婦としては経費をできるかぎり抑えたいところ。

1.買い物は前日に行こう。

もちろん食べ盛りと一緒に買い物へ行ってはいけません。「あれも食べたい」「これも食べたい」とせがまれ、レジで冷や汗をかくことになります。1人で行きましょう。

お肉は鶏ムネ肉を1.5kg(5人で)

量を買うときは業務スーパーがオススメです。わが家はお手頃価格こ鶏ムネ肉一択。豚や牛?そんなものは必要ありません。この後の準備で、「お肉の種類が少なくても満足できる魔法」をかけるのでご安心を。

野菜はキャベツとカボチャを手に入れよう。

お肉だけでは経費がかさみます。野菜はキャベツとカボチャがオススメ。カボチャの他にジャガイモやサツマイモでもOK。とにかく芋系、これ大事。

2.鶏ムネ肉に魔法をかけよう。

f:id:akislog:20161106174858j:image

さあいよいよ「お肉の種類が少なくても満足できる魔法」をかける時がきました。まず、鶏ムネ肉を3等分しましょう。とっても簡単な3つの魔法であら不思議!!たった1種類のお肉で3パターンも楽しめちゃいますよ。

魔法1:塩コショウするだけ。

3等分したうちの1つ目は、一口大に切って塩コショウをします…以上(笑)なんだかんだで一番美味しい食べ方。

魔法2:漬け込むだけ。

3等分したうちの2つ目は、一口大に切ってポリ袋に入れます。

  • すりおろしたニンニク(チューブタイプが便利)
  • 醤油
  • 鷹の爪(一味でもいいね)

これらをポリ袋に一緒に入れて揉み込んでから、冷蔵庫で一晩寝かせましょう。ビールに合うんですこれが。

魔法3:串に刺すだけ。

最後の3つ目は、一口大よりさらに小さく切って串に刺しましょう。塩コショウをしてできあがり。串に刺さっているだけで、子供のテンションが上がります。

3.おにぎりをにぎろう。

「焼きおにぎり」に食べ盛り男子はそそられるようです。わが家は5合分のおにぎりを前日にぎります。前日におにぎりを握っておけば、ほどよく乾いてくれて、当日にタレを付けて焼いても崩れにくくなります。当日に炊き立てを握ってタレをつけると、崩れやすくて焼きにくい&食べにくいので注意。

4.カボチャを切ろう。

カボチャやジャガイモ、サツマイモは前日にスライスしておくと、当日ラクですよ。(キャベツは切らなくてOK)

 

バーベキュー当日は焼く順番が大事。

先にお肉を食べてしまって、後半は芋とおにぎりしかなかった…ではテンションが下がります。食べ盛り男子が満足できないバーベキューでは主婦の負けです。ここは腕の見せどころ。

わが家のバーベキューコース

1.鶏肉(塩コショウ)×焼きおにぎり

鶏肉(塩コショウ)と一緒に焼きおにぎりを焼きます。焼きおにぎりの醤油タレの香ばしい匂いに、子供のテンションが急上昇。

鶏肉(塩コショウ)と焼きおにぎりを同時に食べることでお腹が少し満たされます。

2.鶏肉(タレ漬)×カボチャ(芋類)

鶏肉(タレ漬)とカボチャを一緒に焼きます。2回目の鶏肉ですが味が違うので食べ盛りも喜びます。大人はビールがすすむ、すすむ。ちなみに、焼いた甘いカボチャは子供に好評ですよ。

3.鶏肉(串刺し)

網の上が片付いてきたところで、串刺しにした鶏肉をズラッと並べます。これまた子供のテンションが上がる上がる。

4.キャベツでシメる。

串刺しでバーベキューが終了…と思いきや、キャベツの出番です。切ってないキャベツをその場で1枚1枚めくっては網に乗せます。このくらいの豪快さがウケます。

ちょこっと焦げ目がついたら食べどき。最初は「えーキャベツー?」なんて言ってた子供が、面白いくらいバリバリ食べます。鶏肉、焼きおにぎり、芋類…ときたので、シンプルなキャベツにハマるようです。

番外編

基本コースはこの通りですが、ラストのキャベツの手前にシーフード(イカ、エビ、貝)を少し投入しても喜びますよ。

また、果物を焼いても美味しいです。オススメはバナナとリンゴ。

 

家族そろっての食事は質より量、さらに大事なのが雰囲気。

食べ盛りな3人息子&食べ盛りな夫を満足させるには、前日から仕込みがはじまるバーベキュー。

家計のことも考えるとなかなか贅沢もできず、どうしても質より量になってしまいます。(量より質な食事は夫とのデートまでお預けです。)

 

それよりも、バーベキューに限らず家族そろっての食事でお母さんの一番大事な仕事は雰囲気づくり。

バーベキュー当日にバタバタとしたくに追われたお母さんよりも、前日にしたくを済ませてニコニコしているお母さんの方が絶対にいい。なかなか火が起きない様子に口を挟みたくなっても、そこは夫と息子たちが協力しあっている様子を黙って見守る。そして労いの言葉をかける。それだけでバーベキューはもっと美味しく、もっと楽しくなります。どんなに良い食材をたくさん用意しようと、雰囲気しだいで味は左右されるもの。

バーベキューシーズンは終わり、これからは鍋のシーズン。ニコニコお母さんでさらにあったかく美味しい食事を囲みませんか?