ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

【イライラの種リスト】イライラの原因は誰かのせい?それとも自分のせい?

こんにちは、AKIです。

暮らしの中で、ちょっぴりイラッとすることってありませんか?なんとなく心が晴れない日が続いたので、忘れてしまうような些細なことばかりですが、あえてノートに書き出してみました。

 

ささいなイライラの種リスト

書き出してみると、イライラの種は全部で3パターンに分類されることが分かりました。

 

1:お金で解決できること

  • フライパンがひっつく
  • アイブロウブラシがボロボロ
  • 泡だてネットがボロボロ
  • クシの歯が折れている

ご覧の通り、買い換えれば解決できることばかりですね。すべて必要なものばかりなので、サクッと買い換えました。買い換えてみると、今までイラッとしながらも使い続けていたことが不思議でたまりません(笑)

 

2:自分で解決できること

自分で解決できるイライラの種は「自分自身のこと」と「自分以外のこと」に分けることができました。

自分自身のこと
  • 手足がカサカサ
  • 髪型がパサパサ
  • クツが汚い
  • 起きたい時間に起きられない
  • 仕事のあとはすぐ帰りたい
  • 給料日前に決まって金欠になる
  • 字が汚い

最初の3つ(手足・髪・クツ)に関しては、手入れをすればれ良いだけのこと。もう少し自分の身体や持ち物をいたわってあげようと思います。

あとの4つは、自分の意識次第でどうにでもなること。起きたい時間に起きればいいし、仕事が終わったらサクッと帰れるように段取りを組めばいい。金欠になるのは管理不足。きれいな字も書こうと思えば書けます。つまり全部、自分に対する「いいわけ」です。

自分以外のこと
  • 手ぬぐいの端がほつれている
  • 窓の汚れが気になる

すぐ解決できそうなことばかり。ほつれた糸はハサミで切れば完了(笑)窓の汚れは、来週夫と窓拭きをすることにしました。

 

3:自分で解決できないこと

  • 三男の電気つけっぱなし
  • 次男のわざと聞こえる独り言
  • 長男の年下いびり
  • 夫の声が聞き取りづらい
  • 地域で一番安いスーパーが遠い

これらは自分の力ではどうにもなりません。長男・次男・三男はそういう性質なので、気になった時にそのつど注意をするしかないでしょう。夫については元々ハキハキ喋る人ではないので、聞き取りづらいのは最初から分かっていたことです。

スーパーが遠いのも、どうしようもないですよね(笑)遠くの安いスーパーでの買い物は「1週間に1回のまとめ買い」と決めて、あとは近くのスーパーで済ませることにします。

 

イライラを人のせいにしてないかな?

f:id:akislog:20161113173138j:image

「ささいなイライラの種」を書き出してみると、ほとんどが自分で解決できることだということに気がつきます。

心がささくれだすと「仕事が忙しいから」とか「子供に手がかかるから」とか「あの人のせいだ」とか、イライラしてを人のせいにしがち。

もしかしたら、すぐにお金で解決できることや、1日もあれば解決できること、中には自分自身への「いいわけ」がイライラの種になっているのかもしれません。

 

漠然としたモヤモヤやイライラは、書き出して摘みとろう。

書き出すことで、自分で解決できることと、自分ではどうしようもならないことが明確になります。自分では解決できないことは、今すぐ解決しようと思わなくても時がきたら解決することだってあるでしょうし、解決しようとすること自体が間違いだと気づくことも。

書き出したイライラの種を一つずつ摘みとってみると、「快適だな」「使いやすいな」「気持ちがいいな」と自分がごきげんになれることが一つまた一つと増えていきました。

なんとなく心が晴れないとき、ささいなイライラの種リストを作ってみてはいかがでしょうか。

 

▼今回、参考にしたのがこちらの本です。

人生改造宣言―成功するためのセルフコーチングプログラム

 

▼本を使って、セルフコーチングを始めました。

セルフコーチングを取り入れて自分をもっと好きになりたい。 - ごきげんすいっち