ごきげんすいっち

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

3人の子持ちワーママが毎日「自分の時間」を作るために朝していること。

こんにちは、AKIです。

 

1年前にこんな記事を書きました。

▶︎1時間前出社しています。 - ごきげんすいっち

 

勉強時間の確保がしたくて始めた1時間前出社。自宅から離れ、始業前の静かな職場でおこなう勉強はとてもはかどります。

 

さらに30分、早めました。

近ごろは、さらに出社時刻を30分早めることに成功しています。

 

つまり、おひとり様タイムが30分も増えたということ。

  • 勉強時間にプラスする
  • 思考の整理
  • 作業効率アップのための整理整頓
  • 1日の計画

…ということに増えた30分をあてています。以前と比べて、より計画的に、やるべきことを明確にして仕事に取り組めるようになったと実感しています。

 

どうして30分も出社時刻を早められたのか?

起床時間を早めた?→いいえ

朝食を食べていない?→いいえ

メイクをしていない?→いいえ

 

今まで通りしっかり朝家事やってます。朝食もメイクも髪のセットもきちんと行います。

 

30分早めることに成功した理由は1つ。アラームの活用です。

 

アラームの活用でブレない朝を手に入れる。

アラームって、起床するためだけに使うものだと思っていました。あらためて手持ちのiPhoneのアラーム機能を見てみると、アラームっていくつも追加できるんですよね。(ホント今さらですね・笑)

f:id:akislog:20170211212645j:image

そこでひらめいたのが、自分の「理想の朝時間」にそってアラームを設定すること。

 

出社時刻は決まっているので、そこを目指して朝時間をすごすわけですが「あれ、もうこんな時間!?」となることがとても多かった。

 

理由は単純なことなんですよ。朝食を食べながらダラダラとSNSを眺めてしまったり、普段しないところを掃除し始めたり、突然メイクに熱が入ったり…(苦笑)

 

写真(左)のように理想の朝時間にそってアラームを設定しておけば、自分が時間を意識していなくても勝手に知らせてくれるので時間がブレません。

 

ちなみに写真(右)は私の就寝時刻と起床時刻。起床が6:00となっていますが、実際に布団から出るのは6:15。布団でぬくぬく過ごすこの15分間が幸せなのです。(←これ大事!)

 

まとめ

  1. 「自分のために」やりたいことは何ですか?
  2. それを実現するための「理想の朝時間」を考えよう。
  3. アラームを活用してブレない朝を手に入れよう。

 

たまには「積極的な朝寝坊」で、自分を甘やかしてあげるのも続けるコツですよ。

 

※「積極的な朝寝坊」とはウッカリ朝寝坊のことではありません。自分の意志で「よーし、明日は◯時まで朝寝坊してやるぞ!」と決めた前向きな朝寝坊のことです。