ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

ダイニングチェアをスツールに替えたら、予想以上に快適だった話。

こんにちは、AKIです。

f:id:akislog:20170211224655j:image

ダイニングにある私の椅子には、背もたれがありません。

 

椅子が壊れちゃった。

きっかけは、ダイニングテーブルとセットだった椅子が1つ壊れてしまったことでした。

椅子がないと食事ができないので早急に購入する必要があったのですが、問題がいくつか浮上。

 

問題1:同じ椅子が手に入らない。

もともとセットだった椅子には背もたれがありました。同じ椅子を購入しようとしましたが、もう手に入らないとのこと。

 

問題2:残りの椅子とのバランス。

同じ椅子が手に入らないのならば、よほど似たような椅子でないと1つだけ悪目立ちしてしまいます。探し回りましたが出会えませんでした。

 

いっそのこと、目立たない椅子を。

そっくりな椅子に出会えないのなら、いっそのこと全く目立たない椅子にすることに。

 

そこで購入したのが、ニトリの木製スツール。(冒頭の写真のもの)

▶︎木製スツール(セロ) | ニトリ公式通販 家具・インテリア・生活雑貨通販のニトリネット

 

これが大正解。ダイニングテーブルの色とスツールがマッチした上に、座面が白いので存在感がありません。

 

背もたれがないほうが便利でした。

このスツールを使い始めてから「背もたれは不要だな」と思うことがしばしば。

  • そもそも背もたれにもたれて食事をしない。
  • 背もたれがないので長時間ダラダラ座っていられない。
  • 背もたれがない=正面がない
  • 正面がない=どこからでも座れる
  • 軽くて持ち運びやすい。
  • 拭き掃除しやすい。

背もたれがないことで「不便になるのでは?」と不安もありましたが、私にとってはメリットの方が上回りました。

 

まとめ

  1. 「ダイニングチェア=背もたれが必要」とは限らない。
  2. 必要なモノだからと急いで買い替える前に「求める条件」をよく考えよう。

 

ニトリの木製スツールはとてもシンプルなデザインで主張しすぎることなく、グラつきもなく重宝しています。

ただ座面が硬いので、チェアパッドがあると心地よく座れますよ。

 

▼ちなみに私は白いチェアパッドを使っています。(期間限定だったので、同じモノはもう売っていないかも…)下記リンクは色違いです。

ページが見つかりませんでした。 / ニトリネット