ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

「やりたくない」はワガママではなく、心のSOS。

こんにちは、AKIです。

 

ここ一週間ほど、理由の分からない「滞っている感」と戦っています。

体調は悪くないし、疲れて動けないほどでもない。それなのに何をするにも体が重い、気持ちがのらない。

 

忘れてた、自分に手間をかけること。

朝から相変わらずの「滞っている感」を感じていた私は、今朝こちらのツイートを見てハッとしたんですよね。

 

▼ツイート主のみどりさんのブログはこちら

よりどりみどり

 

「やりたくない」は心のSOSかも。

そう、きっとこれが私の感じていた「滞っている感」の原因。心と頭がチグハグしたままの状態だと、そりゃ何するにも重たいよね。

 

最後にゆっくりスキンケアしたのって、いつだろう?丁寧に爪の手入れをしたのって、いつだろう?

案の定、まったく思い出せません。家族を含め、自分以外の誰かのために時間を使うこと(家事や仕事)はあっても、純粋に「自分のため」に時間や手間を注いでいなかったことに気づいてしまいました。

 

最優先事項は「自分を労わること」

「自分を労わる」ことは、自分にウソをつかないことが大前提だと私は考えています。

f:id:akislog:20170222164404j:image

自分を可愛がる朝

  • 好きなトーストをいつもの1.5倍食べる
  • 好きな音楽を聴きながら朝食を食べる
  • 丁寧に眉メイクをする
  • 丁寧に髪をとく

 

媚びない仕事

  • あれもこれもやらない
  • 無理に同調しない
  • 急がない

どうしても今日やらなくちゃいけないこと以外は、明日でも良いじゃん。「誰かに頼まめないかな?」の視点も大事。

それに、お客様や上司に無理に合わせる必要もない。否定も肯定もせず、上手にあしらえばそれで良し。

 

まとめ

「ごきげん」からかけ離れていた近ごろ。朝、昼間の仕事中と「自分を労わる」をテーマにすごしてみましたが、気分はまずまずです。

心が浮上してくるまで、しばらく「自分を労わる」を最優先事項にしてみよう。