ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

たった1アイテムでティッシュの行方不明を防ぐ!

使いたいときに、使いたいモノが、すぐに見つからないのはプチストレス。

それを解消するために「モノの定位置」を決めるのですが、なかなか上手くいかなかったのがティッシュでした。

 

箱ティッシュはすぐに散歩する

いくら定位置を決めても、ティッシュを使おうとするとあるはずの場所になかったり、なぜか床に落ちていたり…。まだ使い切っていないのに、開封済みのティッシュボックスが増えていたり。

使いたい人が必要な枚数だけ持っていけば良いものを、箱ごと持っていってしまうのが原因でした。

 

誰かがどこかへ持っていくから「ない」と思って新たな箱を開封して、使いかけの箱ティッシュがどんどん増える悪循環。

しかも箱ごと持ち運ぶから、むだに多くのティッシュを使うので1日1箱もたないこともよくありました。(5人家族です)

 

運びにくいティッシュボックスに変える

簡単に持ち運べてしまうことが原因ならば、簡単に持ち運びにくいティッシュボックスに変えてしまえばいい。

f:id:akislog:20170308164321j:image

そこで導入したのが無印良品のアクリルティッシュボックス。

▶︎アクリルティシューボックス 約幅26×奥行13×高さ7cm | 無印良品ネットストア

 

結果、めっちゃ良かった。

  1. 持ち運ばれなくなった。
  2. 使用量を抑えるようになった。
  3. 見た目が素敵になった。

1.持ち運ばれなくなった。

箱ティッシュより重たいので、持ち運ぶ人はいなくなりました。結果、ティッシュの定位置がきちんと守られ「いつもここにいるよ!」の安心感。

定位置が決まったことで、むやみやたらと開封されなくなり、ティッシュの在庫管理もバッチリ。

2.使用量を抑えるようになった。

これは思わぬ副産物なのですが、透明なボックスで残量が丸見えになり、みんなが自然と使用量を抑えるようになりました。

さらに、取り出し部分のフタの重みで雑にたくさんのティッシュを取ることが難しくなりました。雑に取り出すとちぎれちゃうので、1枚ずつ丁寧に取り出すことで1回の使用量も減りました。最初は「使いづらい」と言っていた子供達も、あっという間にコツを掴んでいましたよ。

3.見た目が素敵になった。

説明するまでもないですが、箱ティッシュよりはるかに素敵。箱ティッシュは生活感満載ですもんね(笑)

アクリルティッシュボックスはお客様にも「素敵ね〜」と好評です。

 

まとめ

詰め替える手間は増えたけれど、ティッシュを探すプチストレスからの解放はプライスレス。

たかがティッシュ、されどティッシュ。

 

 

関連記事

▼ハンガーの定位置について

背伸びしないと届かないハンガー - ごきげんすいっち

 

▼ハンガーつながりの記事

プラスチックハンガーをやめました。 - ごきげんすいっち

 

無印良品の愛用品

【おすすめ】使い込むほどに馴染み相棒になる、無印良品のシンプルなふきん。 - ごきげんすいっち