ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

産後のボディメイク①|産後ダイエットの前に最低限用意する2つのモノ

 

私は10年前に出産を経験しました。

よく「子供を産んだなんて信じられない!」「どうやって体型を戻したの?」と言われますが、妊娠前よりも現在の方がうんとスタイルが良いと自信を持っています。

 

f:id:akislog:20170502231711j:image

※2015年秋の写真です。 

 

そんな私ですが、出産当時「産後は自然と元の身体に戻るだろう」と何も疑うことなく思っていたことで痛い目にあったのも事実(笑)今回から全10回に分けて、私が実際に経験した「産後ダイエット」「産後のボディメイク」について紹介していきます。第1回目の今回は「産後ダイエット」に取り掛かる前に、最低限用意していただきたいモノを紹介します。

 

つべこべ言わずに「骨盤ベルトとウエストニッパーは買いなさい」

臨月に入り、里帰り出産のため実家に戻りました。母と産後に必要なモノを確認しながら過ごす日々。事前にきちんとリストを作り完璧だと思っていたところ、母から唯一の指摘が…。

「骨盤ベルトとウエストニッパーは買いなさい!」

もともと華奢な方(妊娠前158cm/45-7kg)でしたし、腰回りが細かったので必要ないと思っていました。母があまりに真剣に訴えるので、急いで取り寄せることに。

 

骨盤ベルト

 

実際に購入した商品を思い出せないので同一商品ではありませんが、幅10cmくらいのマジックテープ式のモノを購入しました。

産前から使用できる「トコちゃんベルト」のようなモノでもOKです。骨盤ベルトは「矯正」ではなくて、あくまでも「サポート」の役割。つけ心地の良いモノを選んでください。

www.bellemaison.jp

 

ウエストニッパー

 

こちらも実際に購入した商品を思い出せないので同一商品ではありませんが、ガードルタイプのウエストニッパー(6段階調節)を購入しました。

ウエストニッパーは骨盤ベルトとは違って「矯正」していくためのモノ。マジックテープ式のモノもありますが、本気で矯正しようと思ったら6-8段階程度調節のできるホック式にするべき。ボーンも必須。ガードルタイプを選んだ理由は、コルセットタイプだと赤ちゃんのお世話や家事で動くたびにズレを直すのが面倒だと思ったから。結果、ガードルタイプで大正解。

item.rakuten.co.jp

 

次回は「産後ダイエットのスケジュール」について

 

出産によって身重だった体が軽くなって「よーし!体型を戻すぞ!!」と意気込むのも無理はありませんが、産後の体はかなりダメージを受けています。ここで無理をすると骨盤臓器脱などの恐れがあるので、焦らない、焦らない。(産婦人科でも指導されますよね。)

「じゃあ、いつから何すればいいのよー!」ということで、次回は実際に私が行った産後ダイエット・ボディメイクのスケジュールについて紹介します。

 

 

※本記事は著者本人の経験談であり、医学的根拠や科学的根拠のあるものではありません。あくまでも自己責任の範囲内でお願いします。