ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

産後のボディメイク⑧|さあ、ボディメイクを始めよう!

“自分史上、今の自分が一番美しい!”と自負する私が実際に経験した「産後ダイエット」「産後のボディメイク」について紹介するシリーズ企画。

 

第7回目は実際に私もおこなっているトレーニング動画をたくさんご紹介しました。第8回目の今回は「産後6ヶ月目」にフォーカスしてお話します。

※産後6ヶ月を過ぎた方や出産経験のない方にも取り入れていただける内容もございます。ぜひ、お付き合いください。

 

第5回:赤ちゃんに注いでいた意識を自分にも向けてあげよう

第6回:停滞期がやってきた!停滞期の乗り越え方と食事バランスについて

第7回:欲しいのは健康的なメリハリボディ

 

▼それ以前の基本編(前半)の記事はこちらからどうぞ!

 

そろそろ元の体重に戻るころ

(妊娠中に10kg増えた場合…目安-0.5kg/計-10.0kg)

産後半年で元の体重に戻すことが目安とされていますが、産前にどれだけ体重が増えたかによってもペースは変わってきます。半年たったところで元の体重に戻っていなくても、自分を責める必要はありません。ここまで体力・筋力づくりを頑張って取り組んできた貴方の体は、痩せスイッチがONになっているはずです。1ヶ月に1kgでも、500gでも減ったら良し。ここから大切なのは「体重」よりも「フォルム」!

  • エストニッパーが最終段階になるころ
  • 妊娠前と体重は同じでも体型が全く違うことを直視しよう
  • さあ、ボディメイクを始めよう!その前に…

 

(1)ウエストニッパーが最終段階になるころ

そろそろウエストニッパーが最後のホックに辿りつく方も増えてくるころ。ウエストニッパーは苦しかったですよね、面倒でしたよね。2~3ヶ月で外してしまうお母さんが多い中、それでも装着しつづけた貴方は素晴らしいです。そんな自分をぜひ誇ってあげてください。

最終段階まで達成した方はウエストニッパーを外しても良いのですが、これからボディメイクをしていくうえでウエストへの意識は忘れてほしくありません。そこでオススメなのが平ゴムを輪っかにしてウエストの一番細いところに常に装着することです。見えるとダサイので、服の下にそっと忍ばせましょう。5mm程度の細い平ゴムで十分です。ギュッとキツくすることはありませんが、緩みすぎずキツすぎず。

※ウエストニッパーがまだ最終段階まで辿りついていない方は、引き続き装着してください。必ず達成できる日がきます。

実際に私が使っていたベルト

バレエを習っていたころから馴染みがあったので、バレエ用品で有名なChacottのベルトを愛用していました。「ウエストへの意識」を持ちたいだけなので、手芸用の平ゴムで十分効果的なのですが、気合を入れたい方にはこういうモノもあるのでご紹介。

shop.chacott.co.jp

 

(2)妊娠前と体重は同じでも体型が全く違うことを直視しよう

そうなんです、これが一番恐れていたことなんです。体重は元に戻った、もしくはあと少しで戻りそう…なのに、体型(フォルム)が全く違うことを現実として受け止めましょう。お腹のたるみ、下がったお尻、おまけに母乳が終わると胸が削げてきます。(胸はただ単にしぼむのではありません、「削・げ・る」のです。)

しかし、ここからがスタートです!ボディメイクに取り組めば、今より必ず美しくなるのです。憧れのスタイルをもつ有名人(同じく出産を経験した人の方が説得力があるね!)も同じ人間です。希望を持ちましょう。

f:id:akislog:20170509144120j:image 

(3)さあ、ボディメイクを始めよう!…その前に

体力・筋力づくりに励み、食事や睡眠にもそれなりに気を使ってきた半年間。そんな貴方の体は痩せ体質&痩せスイッチONの状態になっています。憧れの女性らしいメリハリボディを目指して「ボディメイク」を始めていきます。

そのためには、まずどんなフォルムになりたいのか明確に設定する必要があります。憧れの有名人でもOK!雑誌を切り抜いたり、画像を集めてフォルダを作ったりして「憧れ」をできる限り具体的にしていきましょう。何度も繰り返しますが、大切なのは数値ではなくて「フォルム」です。(ちなみに私の憧れのフォルムは道端カレンさんです)

 

次回はいよいよ「具体的なボディメイク」について

産後6ヶ月目のすごし方はご理解いただけたでしょうか。これまでの運動習慣はそのままに、第7回目でご紹介したトレーニングを1日1つでも続けてください。

今回は皆さんに宿題が2つあります!!次回チェックしますね(笑)

  1. エストベルトを用意すること
  2. 憧れのフォルムを具体的にすること

 

 

※本記事は著者本人の経験談であり、医学的根拠や科学的根拠のあるものではありません。あくまでも自己責任の範囲内でお願いします。