ごきげんすいっち

「ごきげんすいっち」で心穏やかな生活を。自分をいたわる優しい暮らし。

ごきげんのヒントは違和感のなか

こんにちは、AKIです。

帰宅後のコーヒータイムに手帳を広げて1日の振り返りをしたり、翌日のスケジュール確認をします。

そこで毎日活躍してくれるモノが、フリクションボールペン。無印用品のこすって消せるニードルボールペンを愛用しています。

 

これまでペン先の太さにこだわったことがなく、字を書くペンは0.5mmを使うものだと根拠もなく思い込んでいました。

 0.4mmや0.3mmは絵を描いたり、特殊なことをする人が使うものかな〜と自分には関係のない文房具だと思っていたんですよね。

毎日0.5mmのペンで手帳に書き込みながら「小さな字が書きづらいなぁ」とぼんやり感じていたものの、「そんなもの」かなと。

 

f:id:akislog:20170912165835j:image

最近、インクがなくなったので無印用品へ出掛けました。

何の疑いもなく0.5mmを購入しようとしたところ、目の前にいたお客さんが0.4mmを手に取ったのです。何であえて0.4mmなのか不思議に思った私は、これまで手にとったことのなかった0.4mmのペンを試し書きをすることに。

 

ちょ、めっちゃ書きやすいやん。

 

小さな字が書きづらいことを不便に思いながらも、0.5mmを使い続けていた今までの自分にゴメンネ。

ペン先の太さがたった0.1mm変わるだけで、こんなにもストレスフリーになれるんですね。

 

ちょっとした違和感をそのままにしないで、当たり前に使っているモノ・コトを疑ってみる。ごきげんになれるヒントがそこにありそうです。