ごきげんすいっち

ごきげんすいっち

自分の“ごきげん”を大切にするシンプルな暮らし。

私にとって「心地良い暮らし」とは。

「心地良い暮らし」とは何だろう?と、あらためて考えてみました。

 

きっかけはこちらのブログ

▶︎私にとっての心地良い暮らし・3つのキーワード : 魔法使いのシンプルライフ

f:id:akislog:20180805105242j:image

心地良い暮らしのキーワード

1ヶ月間「心地良い」と感じることにアンテナを張って暮らしてみた結果、以下の3つが私のキーワードのようです。

  1. 気持ちよく出せる
  2. 外の音が聞こえる静けさ
  3. ほどよく明るい

1.気持ちよく出せる

「朝、気持ちよく排泄ができること。」

これは私にとって、とても重要だということが分かりました。(お食事中の方、ごめんなさいね。)

 

尿や便だけでなく、汗や経血など体から出るべきモノが滞りなく気持ちよく出せることは、1日を軽やかに過ごすために必要なこと。

 

どうやら私は、「出す」ために、食事の内容にちょっぴり気を使ったり、運動を取り入れたり、生活リズムを整えたりしているようです。(やっと気が付きました。)

 

また、排泄だけでなくモノゴトの出口を決めておくことも私には重要でした。

 

2.外の音が聞こえる静けさ

私はどうも、聞こえる音すべてを聞こうとしてしまうようで、生活音やBGMが聞こえる中で喋りかけられると上手に聞き取れません(笑)

本当に聞きたい音だけ聞き分けられれば良いのですが、そんな器用なことはとてもできそうもなく…たくさんの音が溢れている状態は私にとってストレス。

 

「心地良い」と感じるお気に入りのカフェは、車の走る音がやんわり聞こえてきたり、外を歩く子供の声が聞こえる程度に静かなお店。

 

家の中でもテレビや生活家電の音で溢れている状態はとても耳障りで、鳥の鳴き声が聞こえたり、近所の赤ちゃんの泣き声が聞こえる程度の静けさが「心地良い」です。

 

3.ほどよく明るい

明るすぎるより暗い場所の方が好きです。(ちょっぴり目が弱いことが原因なのかもしれませんが…)直射日光のあたる場所や明るい蛍光灯の下はとても苦手です。

 

とは言っても、暗いばかりでは気持ちが滅入ってしましますので「ほどよく明るい」を無意識のうちに求めています。立地が良くても明るすぎる、もしくは暗い住まいには住めません。

f:id:akislog:20180805140915j:image

私にとっての「ほどよく明るい」は木陰くらい。読書ができる明るさがあればOK。お昼寝をするのに眩しくない明るさが最高です(笑)

 

まとめ

「心地良い暮らし」と一言で表しても、100人100通りの答えがありそうです。

 

自分にとっての「心地良い暮らし」をみつめてみると、「あぁ、私はこれを大切に思っていたのか」とあらためて気づくことができました。ごきげんのヒントが隠れていそうです。

 

 

Merci♡

32歳、初めてネイルサロンに挑戦するの巻。

前回「大人になったらやってみたかったことをやろう!」という記事を書きました。

▶︎大人になったらやってみたかったこと。 - ごきげんすいっち

 

そこで、ずーーーーっと体験してみたかったけど何だか恐れ多くて近寄れなかった「ネイルサロン」に挑戦しました。

f:id:akislog:20180804104219j:image

そもそも何でネイルサロンに行くことが「恐れ多い」と感じていたのか掘り下げてみると、

  • 根本的に「爪=汚いモノ」と思っている。
  • 自分の汚いモノを人様に手入れさせるなんて申し訳ない。
  • 汚いモノにお金を使っても良いのだろうか?

…と、私は考えていたようです。

 

それでも心の中では爪が綺麗に手入れされてた女性に憧れを持ち、「私も素敵なネイルをしてみたいなぁ」と思っていたのも事実です。

 

職業柄、手指にカラーをすることは出来ないので、ペディキュアの料金を調べてみると結構なお値段がするではありませんか。

 

「生え変わってしまう爪にこの金額か…」と正直怯んでしまいましたが、「とにかくやってみないと分からない!」「私の爪も綺麗にしてあげる価値があるはずだ!」と奮い立たせて挑戦することに。

 

結果、大満足でした。

ネイリストさんに初めてのネイルサロンであることや、全くネイルケアの知識がないことをお伝えすると、とても丁寧に手順や用語を説明して下さいました。

 

ペディキュアはサンダルを履く夏限定になりそうですが、毎年のお楽しみとして取り入れようかな〜と考えています。

 

なによりも、ふと視線に入る足元がキラキラと美しいことに喜びを感じます。「女に生まれて良かった!」ってヤツです(笑)世の女性達が、ネイルサロンに通う理由はこれかな…と。

 

いくら綺麗に仕上げてもらっても、いつか生え変わってしまう爪ですが、自分を構成するパーツの一部が汚いよりは美しいに越したことはありません。

 

なんせズボラーなので、セルフケアを熱心にする気はさらさらありませんが(笑)たまにはネイルサロンでプロに手入れをお任せして、ごきげんになるのも大人の楽しみなのかもしれません。

 

Merci♡

大人になったらやってみたかったこと。

「大人になったらやってみたかったこと」を思い出すきっかけがありました。

いつもはテーブル席なのですが、その日はたまたまカウンター席を案内されて、目の前にはマスター。

f:id:akislog:20180711170536j:image

※画像は実際に訪れたお店ではありません。

 

これまでスタッフさんとしか言葉を交わす機会がなかったので、ドキドキしながらマスターに注文を伝えることに。

 

「あ、そうだ、大人になったらこれがしたかったんだった!」とふと思い出して、なんだか嬉しくて。ちょっぴり気恥ずかしくもあって。

 

マスターは口数の多い人ではないけれど、お店ができた経緯など、コーヒーを飲みながらお話しすることができました。

 

「大人になったらやってみたかったこと」のうち実現していることを思い出してみると…

  • 車に乗る
  • お酒を飲む
  • クレジットカードを使う
  • 好きなだけ寝る
  • 外食で好きなメニューを注文する
  • フランス料理を食べる etc…

いかにも小学生が考えそうなことばかりですね(笑)

 

初めて車を運転したとき、初めてお酒を飲んだとき、とってもワクワク・ドキドキしたのを覚えています。

 

最近、そういう感覚を忘れていたなぁ。

 

Merci♡

みんな「生きている」。

今年の夏は、庭の小さな畑でミニトマトとオクラを2株ずつ育てています。雨があがるごとにぐんぐん伸びる姿から「生きている」と実感させられます。

 

そんな「生きている」畑に、植えた覚えのない植物が…

f:id:akislog:20180705175433j:image

どうも雑草ではなさそうなので、鉢にうつして様子を見ることにしました。

 

朝顔でしょうか?

 

鉢にうつしてしばらくは元気のない様子でしたが、水をやって翌朝には葉っぱがシャンとしていました。まさに「生きている」。

 

ミニトマトやオクラに加え、どこからかやってきた植物(たぶん朝顔)の成長も楽しみな夏になりそうです。

 

Merci♡

ナス・ロバート君。

夕食のしたくをしていると…

f:id:akislog:20180702154405j:image

イケてるナスに遭遇しました(笑)

家族会議の末、ナス・ロバート君と命名。ありがたくいただきました。

 

野菜の切り口ってとても個性的で、パプリカを半分に切るとホラーな表情をしていたり、小松菜の根元を切るとバラのように美しくて。

 

何気なく調理していると、見逃してしまうんですけどね。

 

私のささやかな楽しみです。

 

Merci♡

ファンデのいらない肌は、たった1つのスキンケアで実現しました。

近ごろ「肌が綺麗になった」と夫に褒められてごきげんな私です。

 

超乾燥肌なうえに何かとかぶれる敏感肌でもあり、カサカサなのに365日必ずニキビができてしまう…かなり困ったお肌の持ち主でした。

 

ネイチャーコンク薬用オールインワンゲルに出会うまではね。

f:id:akislog:20180701142251j:image

ネイチャーコンクと出会ったのは、「魔法使いのシンプルライフ」エリサさんのブログ記事でした。

▶︎毛穴レス!リーズナブルなオールインワンジェル : 魔法使いのシンプルライフ

 

これまで「オールインワン」と名のつくスキンケア商品に魅力を感じつつも、「結局、中途半端なんじゃないの?」と不信感を抱いていたのですが…(笑)

 

美肌のエリサさんがそう仰るならば!!と清水の舞台から飛び降りたつもりで、これまでせっせと化粧水→乳液→クリーム→目元用のクリームやらなんやら…を一旦全部やめて、レッツトライ。

 

f:id:akislog:20180701143320j:image

ドラッグストアで手に入ります。こんなパッケージです。なんと税込1000円程度、めちゃ安い。

 

乾燥の気になる日は多めにつけたり、目元だけ足したり…朝はぬるま湯で洗顔するだけなのですが、肌が柔らかくなっていてビックリします。

 

f:id:akislog:20180701143707j:image

1個使い切るのに2ヶ月かかりました。コスパ最強です。

 

使い始めて2週間たつころには、あれだけ悩まされていたニキビがなくなりましたし、目元がカサカサつっぱることも無し。

 

肌が柔らかく、ニキビもなく、一日中乾燥も感じられないので、肌に自信がもてるようになりました。

 

化粧は日焼け止めとパウダーをポンポンとはたくだけでも十分。ファンデーションを塗っていないことに、誰も気が付きませんでした。

 

…ということで、リピート決定。

 

洗面台にあったスキンケア用品たちは姿を消し、今はこれ1つ。

 

スキンケアにかける時間も金額も減りましたし、何よりお肌が綺麗になるのは気分があがります。

 

Merci♡

夏でも冷え性な私が意識していること。

冬は奥、夏は手前。

f:id:akislog:20180630115045j:image

飲食店や電車の座席を決める際に私が意識していることです。

 

寒い時期は出入口の開閉でヒヤ〜ッとなるのを防ぐために、奥へ奥へ。夏は冷房で冷えすぎないために、外気を感じる出入口付近がちょうどいい。

 

自分で席を決めることができる時は、なるべく「冬は奥、夏は手前」に。

 

夏こそ冷え対策を万全に、快適に乗り切りたいですね。

 

Merci♡

2018年上半期のまとめ

6月最終日、2018年も折り返し地点ですね。あっという間に一年が過ぎてしまいそうなので、上半期を振り返ります。

 

1月:歯科と皮膚科通い

歯科と並行して皮膚科にも通いました。幼い頃から頭皮の脂漏性湿疹(皮膚炎)に悩まされていましたが、「痒くて当たり前」の感覚になってしまい20年近く放置。今年こそは完治させよう!と重い腰をあげて通いました。

 

2月:子供3人インフルエンザにやられる

ほんと大変でした、二度とゴメンです。ちなみに1人目A型→2人目B型→3人目A型でした(笑)つまり、家庭内感染ではなくて外部での感染だったということ。

子供たちの看病のため仕事を休み、家にいる時間が増えたので、その間は資格の勉強をしていました。

f:id:akislog:20180629173835j:image

看病疲れ(?)勉強疲れ(?)なときは、お気に入りのタリーズに逃亡。アボガドがいっぱいのホットドッグとコーヒーに蜂蜜をたっぷり入れるのがお気に入り♡

 

3月:国家試験合格

こちらのツイートをしたのは4月ですが、実際の受験は3月でした。ITパスポートという国家試験に合格しました。

▶︎【ITパスポート試験】iパスとは

 

4月:歯科と皮膚科を卒業

これだけネットに情報が溢れている時代だけど、やっぱり人から紹介してもらうのが一番心強いです。歯科も皮膚科も素敵な先生方。感謝。

 

5月:ジム通い始めました!

夫に連れられてジムに通い始めました。平日に1回、休日に1回、週2回ペース。ダイエットをしたいわけではなくて、筋力・体力をつけるために頑張っています。引き締まった身体のお姉さんを見かけては、モチベーションを上げています。

 

6月:米澤よう子さんとパリジェンヌ

図書館でふと手に取った米澤よう子さんの新刊。米澤さんの描くパリジェンヌの暮らしぶりや生き方が、私の目指す方向と見事にマッチ。感動でした。それから取り憑かれたかのように米澤さんの著書を読んだ6月。

 

▼ふわっと読めて、わくわくする本

ねことパリジェンヌに学ぶリラックスシックな生き方

ねことパリジェンヌに学ぶリラックスシックな生き方

 

こちらの本に出会うまで、米澤よう子さんという方を私は知りませんでした。肩の力を抜いて、ふわっとごきげんに暮らしたい人にオススメです。

 

上半期まとめ

振り返るようなことは特にないかなぁ?…とTwitterを遡ってみると、何かしら新たな挑戦をしたり、何かに試行錯誤している自分を見つけてなんだが微笑ましいです(笑)

 

2018年上半期、わたし、よく頑張りました!(よしよし)

 

さあ、明日から7月に突入です!下半期の私は一体何に挑戦をし、何に試行錯誤するのでしょうか。今から楽しみです。

 

Merci♡

三日坊主防止アプリ「みんチャレ」にハマっています。

早起きがとても苦手な私ですが、気付けば2年以上も1時間前出社をして朝勉強をしています。

▶︎1時間前出社しています。 - ごきげんすいっち

 

…が、自分ひとりではどうしてもサボりがちなので、最近はこちらのアプリの力を借りています。

▶︎みんチャレ - 三日坊主防止アプリ

 

ざっくり説明すると、5人までのチームを作って、同じ目標に向かって励ましあうアプリ。(詳しくは上記HPを見てくださいね)

 

私の場合、起床したらリビングの時計の写真を撮ってチームで「ちゃんと起きたよ」の報告をします。

f:id:akislog:20180627175150j:image

写真をつけて達成報告をしなければいけない設定なので、達成できた日がアプリ内のカレンダーで一目瞭然。「あぁ、私めっちゃ頑張ってるやん!」とモチベーションがあがって嬉しい。

 

それにチームメイトが褒めてくれたり、寝坊した日は励ましてくれたり。ゆるくライトな繋がりですが、「みんな早起きしてるから私も頑張る!」みたいな仲間意識が芽生え、楽しく続いています。

↓妖怪ニドネーに襲われた日は、自分に何度も言い聞かせます(笑)

「早起きは今日という日と良縁を結ぶきっかけ」だと枡野俊明さんも何かの本で仰っていたので、早起きと朝勉強は今後も続けていきたいなぁ。

 

早起き以外にもたくさんのチームがある「みんチャレ」。三日坊主さんや何か新しい習慣を身に付けたい人は、ぜひお試しくださいね。

 

Merci♡

【お手入れ】ごきげんナナメなつげ櫛さん。

やろう、やろう、と思いながらも先延ばしにしていることが一つや二つ…いや三つ!?

 

その中の一つが「つげ櫛のお手入れ」。

f:id:akislog:20180627171435j:image

最後にお手入れをしたのは、いつのことやら。櫛の汚れが気になりつつも、見て見ぬ振りをしてきたダメウーマン。

 

汚い道具で綺麗になれるはずがない!…ってなことを、テレビでIKKOさんも言ってたな。(…と思い出したものの、もう10年以上前のことだと気付いて、我ながらビックリ・笑)

 

f:id:akislog:20180627172245j:image

さて、気を取り直して。

 

用意するのは椿油と使い古しの歯ブラシ。お手入れのやり方は下記のHPを参考にしました。

▶︎お手入れ・修理 - 別府つげ工芸

 

椿油が浸透して、しっとり美しくなったつげ櫛を見てにんまり。櫛がごきげんさんです。

 

もしかして、最近髪が言うこときかなかったのは、汚れた櫛がごきげんナナメだったからかもね。もう少しこまめにお手入れしてあげようと思ったのでした。

 

Merci♡