ごきげんすいっち

ごきげんすいっち

自分の“ごきげん”を大切にするシンプルな暮らし。

ガラーーーンなリビング。

どーーーーん。

f:id:akislog:20181128151437j:image

スッカラカンなわが家のリビング。

 

「モデルハウスよりモノがない」

とよく言われます(笑)

 

お仕事から帰宅したその足で

そのままダイニングチェアに腰掛けて

撮影をしました。

 

わざわざ撮影のために

お片づけしたわけではなくて、

これがわが家の通常モード。

 

…うっとりですね(笑)

 

共感して下さった方は

きっと仲間です。

 

 

 

このリビングを

寂しいと感じる人もいると思うし

ここまでスッカラカンにしなくても…

と思う人もいると思う。

 

少なくとも私は

このガラーーーンとしたリビングに

何度も救われました。

 

旅行から帰ってきたとき

お仕事でクタクタになったとき

朝寝坊したとき etc…

 

疲れていたり、焦っていたり、

心に余裕のないときに

この景色が目に入ると

「ちょっと落ち着こうよ」

「ちょっと休もうよ」と

家に言われているようで救われます。

 

心に余裕のないときに

グッチャグチャの部屋が目に入ると

どんな心境になるでしょうか。

 

…まぁ、良くはないですよね(笑)

 

 

 

家族の協力もあって

わが家はこのガラーーーンが

通常モード。

 

育ち盛りの男子が3人いても

決して几帳面ではない夫でも

面倒くさがり〜な私でも

共働きでも

それでもガラーーーンは実現できます。

 

ただ、1日にしてならず…です。

 

まずは1日に1回

目の前のテーブルだけでも

モノをなくしてみる。

 

もっともっとハードルを下げて

テーブルの上に溢れたモノを

テーブルから椅子に乗せかえて、

無かったことにしてもいいじゃない。

 

するとどうだろう。

 

なんだかスッキリした気分〜♪

でしょ。

 

その積み重ね。

 

ハードルは低く低くして

「できた〜♪」や「スッキリ〜♪」な

体験を増やすのがコツです。

 

いきなり

有名ブロガーさんや

スーパー主婦を目指すと

自己嫌悪になりがちです。

 

昨日の自分より今日の自分。

 

憧れるのも大事。

 

だけど

比べるのは自分と自分。