ごきげんすいっち

ごきげんすいっち

自分の“ごきげん”を大切にするシンプルな暮らし。

自分自身の面倒をみるだけにしましょう。

1月21日

一週間ぶりにインフルエンザから解放された三男は、嬉しそうに小学校へ行った。やれやれ…と安堵したのも束の間、10:00には二男の中学校から電話が入る。この時期に学校から連絡があるということは、決まって「お迎えに来てください」だ。

 

案の定、顔を真っ赤にした二男が保健室にいた。朝は普通に家を出て行ったのにな…事前に検知できなかった私のミスだ。それにしても、三男の時といい、今回の二男といい、突然発症するからインフルエンザは怖い。

 

新年早々に胃腸風邪→三男インフルエンザ→二男インフルエンザ←NOW!!笑

 

…って、全然笑えない。おかげで仕事を休んでばっかりだ。家庭では手洗い、うがい、手消毒を徹底しているのになぁ。3週連続、早退や欠勤が続いているのでそろそろクビになるのでは…と何だか落ち着かない反面、普段まじめに勤めているから大丈夫だろうと高を括っている自分もいる。

 

あまりに家にいることが多いので、興味本位で借りた「誕生日占い」の本を読みふけっていた。よほど時間がなければ手を出さないような本だ。まるで辞書。

 

耳の痛いことが多く書いてあったのだが、今この瞬間、その言葉たちに触れたことに意味があるのではなかろうか…と感じたので自身への戒めも込めてここに記しておく。

 

ギブアンドテイクを心がけましょう。周りの人々を意のままに動かそうとしないこと。(中略)肩の力を抜いて笑みを絶やさずに。

 

弁もたちますが、議論より存在感だけで人を説得することが少なくない。(中略)他人にあまり強いインパクトを与えたり、窒息させないよう注意。特に自分の子供に対しては威圧したり支配したり制圧したりするような態度はとってはなりません。

 

他人にとって何が良いのかあまり口出しをしないこと。自分自身の面倒をみるだけにしましょう。人にも自由な発言を許してあげること。

 

…と、記している間にも「寒いからちゃんと上着きて!」などとうっかり子供に小言を連発する私だ。まだまだこれらの言葉たちが身につくまで、道のりは遠そうだ。笑顔、笑顔。

f:id:akislog:20190121145847j:image

本:誕生日辞典

著者:ゲイリー・ゴールドシュナイダー/ユースト・エルファーズ

発行:角川書店

2000/10/30 初版