ごきげんすいっち

ごきげんすいっち

自分の“ごきげん”を大切にするシンプルな暮らし。

無料と定価のはざまで。

2月6日。

近くの図書館は品揃えがとても良い。発売されて間もない本も、新刊コーナーにすぐ並ぶ。おまけに雑誌の種類も豊富だ。「読みたいなぁ〜」と思った本はほぼ図書館で揃うおかげで、滅多に本を買うことがない。

 

ほぼ毎週末、私は図書館にせっせと通う。本を買わずに図書館で借りるのは「無料だから」も理由の一つだが、「返却期限がある」のも大きな理由だ。

 

購入した本は手離さない限り手元に残るので、いつでも読めるからと積読になりがち。一方、図書館の本は2週間後に返却しなければならない。延長もできるのだが、特に新刊や人気のある本は予約が入っている場合が多く、延長できずに返却しなければならないこともある。

 

この「延長できないかもしれない」が良い刺激となって、1日の中で読書をする時間をどうにかこうにかして確保するようになる。

 

とは言っても、読みたい本が全て図書館に入るとは限らない。あるいは、図書館に入ったものの、予約が多すぎて読めるのが2年後とか…笑

 

そんな時は本屋にでかけてウキウキ購入するものだと思っていたのだが…「中古で買えばいいじゃん」とつい先日、主人に教えてもらった。おぉ〜その選択肢はなかったよょょ。目からウロコ。

 

そこで、初めてブックオフオンラインを利用して3冊注文。合計金額が定価の半額以下だったので、ヨレヨレボロボロの本だろうなぁ〜と予想していた。

 

注文した翌々日に届き、封を開けて驚いた。まるで新品なのだ。「中古」と確かに明細に記載されているのだが、どう見ても新品だ。折り目も開いた形跡もない。おまけに帯までついている。感動…すごいよ、ブックオフオンラインさん。

 

本を読むにあたって、「借りる」「新品を買う」に加え「中古を買う」という選択肢が増えた。素晴らしいサービスが世の中にはあるものだなぁ…。さあて、積読になる前に読んじゃうよ。

f:id:akislog:20190206182243j:image